「YZF-R25 ABS」は520台、「YZF-R3 ABS」は320台の限定販売!

2019年10月20日に発売開始となった、“モンスターエナジー”カラーのYZF-R25とR3。世界最高峰のロードレース「MotoGP」で活躍する「YZR-M1」のイメージを再現したカラーリングで、通常の仕様と異なるポイントも多数。

具体的には、
1)「YZR-M1」をイメージさせるモンスターエナジーヤマハのグラフィックとカラーリング
2)ゴールドカラーの音叉エンブレム
3)ゴールドカラーの前後ブレーキキャリパー
4)イエロースプリングの専用リアサスペンションなど

近年は、限定でMotoGPカラーが発売されているYZF-R25とR3ですが、最新のグラフィックは落ち着いた色使いで、グッと質感を高めているのが大きなポイントでしょう。また、今回の「Monster Energy Yamaha MotoGP Edition」は、ベース車がABS仕様で、スタンダードカラーとの価格差も2万円弱というお得感の強い価格設定となっています。

春からのバイクシーズンに向けて、よりスポーティなグラフィックのモデルを探している方には最適な選択肢かも。店頭在庫も減ってきたようなので、実車を見てみたい方はお早めに!

画像1: YAMAHA YZF-R25

YAMAHA YZF-R25

画像2: YAMAHA YZF-R25

YAMAHA YZF-R25

画像3: YAMAHA YZF-R25

YAMAHA YZF-R25

カラーリングのベースとなったレーシングマシン「YAMAHA YZR-M1」はコチラ

画像1: YAMAHA YZR-M1(MotoGPマシン)

YAMAHA YZR-M1(MotoGPマシン)

画像2: YAMAHA YZR-M1(MotoGPマシン)

YAMAHA YZR-M1(MotoGPマシン)

YAMAHA 公式サイト

関連記事

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.