EICMA2019で登場したYAMAHAの新型「TRACER700」

トレーサー900の弟分であるトレーサー700は、日本では発売されていないが欧州では人気のモデル。

ほどよいサイズのボディに扱いやすさで定評のあるCP2エンジンを組み合わせた、ステージを選ばずに楽しめるミドルスポーツツアラーだ。

そのトレーサーがフェイスリフトを受けて進化した。新型はLEDヘッドライトを採用し、まるでYZF-R1のようなマスクに進化。エンジンも合わせて排ガス規制・ユーロ5に対応している。

画像: YZF-R1のようなフロントマスクになったトレーサー700。ウィンカーはハンドルガードにビルトインされる。

YZF-R1のようなフロントマスクになったトレーサー700。ウィンカーはハンドルガードにビルトインされる。

画像: ネガ反転液晶メーターを採用。表示ファンクション切り替えはハンドル左のスイッチで行う。

ネガ反転液晶メーターを採用。表示ファンクション切り替えはハンドル左のスイッチで行う。

走行映像(1分36秒)

画像: 2020 Yamaha Tracer 700. It’s your Turn. youtu.be

2020 Yamaha Tracer 700. It’s your Turn.

youtu.be

YAMAHA「TRACER700」の主なスペック 
エンジン形式:水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量:689㏄
最高出力:75PS/8750rpm
最大トルク:6.83㎏-m/6500rpm
車両重量:196㎏
シート高:835㎜
燃料タンク容量:17L
タイヤサイズ(前後):120/70R17・180/55R17

もっと各部の写真を見たい方はこちら!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.