ハーレーブランド初の本格ストリートファイター

創業以来空冷Vツインエンジンと共にあり、今なお伝統の空冷モデルが根強く支持されているハーレーダビッドソンだが、今や水冷エンジン搭載の新世代モデルにも力を入れている。

そんな中、EICMA2019で公開された2台のニューモデルが、いずれも単に水冷モデルというだけに留まらない、これまでのハーレーのイメージを打ち破る存在として注目を集めた。

その1台である「ブロンクス」は、新型水冷60度Vツインエンジン「Revolution Max」の975㏄仕様を搭載。何より度肝を抜いたのはそのスタイリングで、ハーレーブランドとしては初の、モダンなスポーティさも強調したストリートファイタールック!

腰高なポジション設定、倒立フォークなど最新スペックの足回り、そして115馬力以上というスペックなどを見ると、本格的なスポーツライディングを楽しめるそうだ。

画像: ブロンクスに積まれる「Revolution Max」エンジンは排気量975㏄。パワーは最高出力115馬力以上、最大トルク9.6㎏-mという強力なもの。

ブロンクスに積まれる「Revolution Max」エンジンは排気量975㏄。パワーは最高出力115馬力以上、最大トルク9.6㎏-mという強力なもの。

画像: メーターはハーレーらしい円形ケースのシングルタイプだが、中身は最新のフル液晶。各種電子制御デバイスの設定を行うスイッチも用意。

メーターはハーレーらしい円形ケースのシングルタイプだが、中身は最新のフル液晶。各種電子制御デバイスの設定を行うスイッチも用意。

画像: ブレーキはブレンボと共同開発。フロントはラジアルマウントのモノブロック4ピストンキャリパーで、高い制動力と良好なフィーリングを両立。

ブレーキはブレンボと共同開発。フロントはラジアルマウントのモノブロック4ピストンキャリパーで、高い制動力と良好なフィーリングを両立。

走行映像 2021 Bronx 975 | Harley-Davidson(37秒)

画像: 2021 Bronx 975 | Harley-Davidson www.youtube.com

2021 Bronx 975 | Harley-Davidson

www.youtube.com

まとめ:月刊オートバイ編集部

月刊オートバイでは毎号、話題の新型車を徹底紹介しています。

2月号は「日本のバイク112年史」を含む合計390ページ越えの特大ボリューム!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.