大人気海外ドラマ『GOTHAM/ゴッサム』より、リドラー(エドワード・ニグマ)役のコーリー・マイケル・スミス、ブルース・ウェイン役のダヴィード・マズーズ、ペンギン(オズワルド・コブルポット)役のロビン・ロード・テイラーが来日し、東京プリンスホテルで行われている「ハリウッド・コレクターズ・コンベンションNo.22」に参加。
本日行われた彼らのSCREEN ONLINE単独インタビューをお届けする。

ーー「GOTHAM/ゴッサム」ファイナルシーズン、拝見させて頂きました。視聴者としては終わってしまって凄く寂しい気持ちなのですが、皆さんの現在の心境をお聞かせ頂けますか。

ロビン「シーズン1からの撮影を通してキャスト、スタッフみんながファミリーになりました。番組はファイナルシーズンを迎えてしまったけど、それで僕らの関係が終わったわけではないんです。5年間を共に過ごしてきましたから、強い絆でいまも繋がっています」

コーリー「それは現場にいるキャストやスタッフだけの話ではなくて、例えば特殊効果のチームも全員ファミリーなんです。僕は毎週のように特殊効果のチームの誰かに賞をあげるみたいな遊びをしていたんだけど、ちゃんと正装して“今週もありがとう!”って(笑)。だって現場に来れない人にも感謝の気持ちを伝えたいじゃないですか。だから自分で好きでそういうことをしていたんです」

ロビン「そういうの凄くいいよね!」

画像: Photo by 森田ツクル(左からロビン・ロード・テイラー、コーリー・マイケル・スミス、ダヴィード・マズーズ)

Photo by 森田ツクル(左からロビン・ロード・テイラー、コーリー・マイケル・スミス、ダヴィード・マズーズ)

ーーダヴィードさんはこの5年間で身体的にも精神的にもかなり成長されたと思いますが、ブルース・ウェインを演じた経験というのはダヴィードさんにとってどのようなものでしたか?

ダヴィード「僕が演じたブルースはバットマンになるけれど、彼の素晴らしいところは宇宙からやってきたスーパーヒーローじゃないってところ。もちろんお金持ちという側面はあるけれど特殊な力は持っていない普通の人間なんです。体力や知恵を使って悪を倒すところが僕は凄く気に入っていて。ブルースを演じてみて、自分を信じて頑張ることが大事なんだということに改めて気付かされました」

ーーブルースのアクションシーンはハードじゃなかったですか?

ダヴィード「いえ、楽しかったですよ。学校の友達から“俺を倒してみろ”とか言われたりしましたけどね(笑)。あのアクションはフェイクファイトといって実際に危険なことはありませんから、どちらかというと楽しくやってましたし勉強にもなりました。カッコいいジャケットを着て高い屋根の上から飛び降りた時なんかは本当に自分がバットマンになったような気分で嬉しかったです(笑)」

ーーエドワードとオズワルドが言い合ったり、時に助け合ったりするシーンがどれもツボだったのですが、お2人のシーンの撮影で印象に残っていることがあれば教えて頂けますか。

ロビン「GCPDでオズワルドがエドワードに初めて合うシーンが最初だったんですけど、実は撮影に入る前はそんなに重要なシーンだと思ってなかったんです。だけどコーリーとお芝居をした時にスパークするものを感じて、撮影の一ヶ月後にそのシーンが放送されたから観てみたら凄く良い化学反応が起きていたんです。そのあと2人で色んなシーンを撮りましたけど、どのシーンよりも最初に撮ったものが一番スパークしたし強く印象に残っていますし、凄く大切なシーンだと思っています」

コーリー「僕もそれは同感。2人のシーンに関してはいまロビンが言ってくれたことが全てです。話は変わるけどこのドラマはだいたい夏、秋、冬に撮っていたんですけど、波止場のシーンって凄く多いじゃないですか。それで、冬に波止場のシーンの撮影をする時はもうとにかく寒くて(笑)。15秒ぐらいじっとしていると口が固まってうまくしゃべれなくなっちゃうんです。もちろんカメラが回るまでは防寒服を着てるんだけど、脱いだ途端に寒くて大変でした(笑)。だけどその甲斐あって素晴らしいシーンが撮れたから良かったねなんて毎回言っていたよね?」

ロビン「そうだったね! 風がもの凄く強く吹いてるからほんと寒かったよね(笑)。だけど、その風のおかげでジャケットとかコートがなびく感じが良くてカッコいいシーンになったねなんてみんなで言い合ったりして(笑)」

画像1: “ハリコン”で来日中の
『GOTHAM/ゴッサム』キャスト
来日インタビュー!!!

ーージャケットやコートと言えば、皆さん衣装が凄くオシャレで素敵でした。

ロビン&コーリー「そうそう!!」

ロビン「だから寒くても頑張れました(笑)」

ーーファイナルシーズン撮影後もキャストの皆さんで会ったりされてるのでしょうか?

ロビン「先ほどもお話したように、家族のようなものですからね、たまに会いますよ。だけど何よりもファンの皆さんがいてくれるからこそ、こうやってコンベンションでコーリーやダヴィードに再会できるから凄くありがたいなって。そういう機会を頂けることはファンの皆さんからのギフトだと思ってるし、会いに来てくれた方々と触れ合うのが凄く楽しいんです」

ーー今後はどんな作品で皆さんの活躍が見られるのでしょうか?

ロビン「こないだ配信されたばかりのNetflixのドラマ『YOU ー君がすべてー』のシーズン2に出演しているので、良かったら観てください」

コーリー「英国のバイオレンス・スリラー・ドラマ「Utopia -ユートピア-」の米国版リメイク(*日本での放送・配信は未定)に出演するので、いつか日本でも配信や放送されたら是非チェックしてみてください」

ダヴィード「ユアン・マクレガー出演の『The Birthday Cake(原題)』に出演しています。今後日本でも公開される可能性もあるのでチェックしてもらえたら嬉しいです」

ロビン「ダヴィードはもの凄く頭が良くて、今度スタンフォード大学に通うんです。いつか彼がハリウッドを牛耳る日がくるんじゃないかな(笑)」

画像2: “ハリコン”で来日中の
『GOTHAM/ゴッサム』キャスト
来日インタビュー!!!

(取材・文/奥村百恵、通訳/ 森田ツクル)

3人とも真摯に質問に答えてくださり、更にお茶目な素顔まで見せてくださいました。
彼らとのサイン会&撮影会に加えて、関連製品がズラリと並ぶ入場無料のディーラーブースなどが楽しめる「ハリウッド・コレクターズ・コンベンションNo.22」は明日も開催。

12月29日(日)
【会場】東京プリンスホテル(10:00~17:00)
【入場料】無料(※俳優によるサイン会・撮影は有料)
【チケット購入先】https://hollycontokyo.com/Home

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.