2020年2月26日(水)にワーナー・ブラザース ホームエンタ―テイメントから『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』 ブルーレイ& DVD の発売が決定した(デジタルセル先行配信は2月12日よりスタート)。

スティーヴン・キングが贈る、最恐ホラー待望の完結編!

数あるホラー映画の中で史上最大のヒットとなった前作『IT/イット ”それ”が見えたら、終わり。』の待望の続編『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』が早くもブルーレイ&DVDで登場。2020年2月26日(水)にブルーレイ&DVD、4K ULTRA HD&2Dブルーレイセットがリリースされる。本作も、2019年9 月に全米で公開されるやいなや3日間で世界興行収入1億8,500万ドル(196億円)をたたき出し、全米オープニング No.1の大ヒットを記録した。

前作では子どもを連れ去る、子どもにしか見えない恐怖の存在として全世界を恐怖に陥れた。”それ”(ペニーワイズ)が本作では27年ぶりに復活を果たし、前作で”それ”を撃退したはずの子どもたちが再びその恐怖に立ち向かう。果たして”それ”の正体とは……本作にてすべてが明らかになる!

画像: スティーヴン・キングが贈る、最恐ホラー待望の完結編!

前作で強烈なインパクトを残したビル・スカルスガルドが道化師ペニーワイズ役を再び演じ、ビル役のジェイデン・マーテル(『ヴィンセントが教えてくれたこと』)、リッチー役フィン・ウォルフハード(「ストレンジャー・シングス」)、エディ役ジャック・ディラン・グレイザー(『シャザム!』)など本作で人気を決定づけた子役たちも再登場。さらに大人になったビルをジェームズ・マカヴォイ、ベバリーをジェシカ・チャスティンが演じるなど、豪華キャストにも注目だ。

【初回仕様】のセル商品につくボーナス・ディスクには、第1章と第2章の舞台裏を描いた映像や、本編にもカメオ出演していた原作者のスティーヴン・キングが本作の魅力を語る映像などを収録。合計90分以上にも及ぶ豪華な映像特典は必見だ!

画像: 【初回仕様】ブルーレイ&DVDセット(3枚組/ボーナス・ディスク付)

【初回仕様】ブルーレイ&DVDセット(3枚組/ボーナス・ディスク付)

画像: ■【数量限定生産】スチールブック仕様 <4K ULTRA HD&ブルーレイセット> (1,500セット限定/3枚組/ボーナス・ディスク付)

■【数量限定生産】スチールブック仕様 <4K ULTRA HD&ブルーレイセット> (1,500セット限定/3枚組/ボーナス・ディスク付)

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』
2020年2月12 日(水) デジタルセル配信開始
2020年2月26日(水)ブルーレイ&DVD 発売・レンタル開始
<4K ULTRA HD&2D ブルーレイセット>発売
【初回仕様】ブルーレイ&DVDセット(3枚組/ボーナス・ディスク付)¥4,527+税
【初回仕様】<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(3枚組/ボーナス・ディスク付)¥6,345+税 【数量限定生産】スチールブック仕様 <4K ULTRA HD&ブルーレイセット> (1,500セット限定/3枚組/ボーナス・ディスク付)¥7,264+税
【ボーナス・ディスク 収録内容】
●"IT/イット"の夏 第 1 章~撮影の裏側~ ●"IT/イット"の夏 第 2 章~撮影の裏側~ ●ペニーワイズは生きていた! ●ルーザーズ・クラブの"再会" ●スティーヴン・キングが語る"IT/イット" ●監督による音声解説
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
IT Chapter Two © 2019 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

画像: 最恐ホラーついに完結!『IT/イット THE END』リリース決定‼

\リリース記念!/
風船の数、い~くつ?キャンペーン開催決定!!

動画のクイズを見て、キャンペーンツイートの中から正解を選んで投稿頂いた方の中から、抽選で素敵な賞品をプレゼント!
キャンペーン実施期間 12月27日(金)~1月13日(月)23:59
参加方法 12月27日(金)に映画『IT/イット』公式(@IT_OWARI)よりキャンペーンツイートが投稿されます。公式アカウントをフォローした上で、キャンペーンツイートの中からクイズの回答をツイートして頂くことで本キャンペーン参加となります。
賞品 プレゼントキャンペーン期間終了後、厳正な抽選の上、当選者に以下の賞品をプレゼントいたします。
・PC用シート・・・15名様
・バルーン型イヤホン(革ケース入り)・・・10名
・バルーン型LEDランプ・・・2名様

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.