CBナナハンの誕生から50年の節目に制作された現行CB改

2019年は“世界初のスーパーバイク”とホンダが位置づける直4ナナハン、ホンダCB750Fourの登場から50年が経った年。

そんな背景から欧州ホンダは、フランスで8回目を迎えたショー“ホイール&ウエーブス”に現行CB群を出展、同時にヨーロッパ全域の有力ディーラー&ビルダーによる12台のCB1000Rカスタムを並べた。

今回と次回の2回に渡って、歴代ホンダやカルチャーに触発されたカスタムマシン群を一挙に紹介していこう。

画像: 2018 Honda CB1000R

2018 Honda CB1000R

これからのCB像にもつながるルックスあり

このところの欧州ホンダは、大きなイベントごとにこうしたカスタムモデルを多く出展している。ドイツのグレムセック101しかり、イタリアでのEICMAしかり。製作者は社内デザインチームや有志は元より、有力ディーラー、ビルダーが名を連ねている。

以前にも出展はあったが、これだけの数、そして今回こそCB1000Rのみ(これは4発CBの50周年というテーマ性があってのこと)だが、1980年代車から現行車まで幅広い機種をベースにしているのも、従来はなかったことだ。

CB1000R Dirt Endurance

画像1: CB1000R Dirt Endurance
画像2: CB1000R Dirt Endurance
画像3: CB1000R Dirt Endurance

ホンダ・トリコロールを耐久レース&ダートイメージに展開

スペインのディーラー、VC MOTOが往年のホンダ・トリコロールをヒントに作り上げたのがこのCB1000R『ダート・エンデュランス』。

エンデュランスの名の通り耐久レーサーイメージを特注前後カウル+2灯ヘッドライトで表現、セパレート式になったハンドルで空いたブリッジ部には本田宗一郎さんの「レースは走る実験室だ」の語を入れたプレートをセット。テールの四十八はホンダ創立の1948年にちなんでいる。

CB1000R Limited Edition

画像1: CB1000R Limited Edition
画像2: CB1000R Limited Edition

HRCトリコロールカラーをまとった限定販売車

欧州ホンダとイタリアホンダによるCB1000Rリミテッドエディションは、イタリア/フランス/スペイン/ドイツで計350台が用意された限定販売仕様車。

見ての通りにHRC=ホンダ・レーシングコーポレーションをイメージした赤/青/白のトリコロールカラーをまとい、SCプロジェクト製の2本出しサイレンサー仕様によるスリップオン・エキゾーストや同社製カーボンパーツ(ラジエーターシュラウドやエアクリーナーカバー)をセットする。

Alfredo CB1000R

画像1: Alfredo CB1000R
画像2: Alfredo CB1000R
画像3: Alfredo CB1000R

フレディ・スペンサーの'83NS500カラーを投影する

ホンダ・トリコロールをカラーリングのベースとしながら、黄色地に#3から分かるようにこの『アルフレード』は'83年WGP500チャンピオンを獲得した時のフレディ・スペンサー用NS500カラーを投影。タンク上にも250/500チャンピオン/フレディ・スペンサーの名が入る。

ステップは位置を変え、マフラーはオリジナルのエキゾーストパイプ+SC製レース用サイレンサーで、倒立フロントフォークのアウターはブラックでエナメルコート仕上げされる。製作はスペインのハクバモトで、実際にイベント内でも走った。

CB1000R-adical

画像1: CB1000R-adical
画像2: CB1000R-adical

限界までカーボンを活用した意欲作

スイスのガネットデザインとフューラーモトが手がけた『CB1000Rアディカル』は、カモパターンに目が行くものの、ROTOBOX・ブーストホイールやCeraCarbon製カーボンアウター×カーボンセラミックインナーのフロントフォーク、ほか可能な限りカーボンパーツを使った1台。

マフラーはアクラポヴィッチ製スリップオンでアンダーカウルはFRPだ。

CB1000R Black Edition

画像1: CB1000R Black Edition
画像2: CB1000R Black Edition

全身ブラックで固めるスペシャル・ワン

ショー会場であるフランス・ビアリッツのディーラー、3CモトによるCB1000R『ブラックエディション』はフルブラックをテーマに、各部をさまざまなトーンのブラックでまとめている。

フレーム/スイングアーム/フォークは黒、ボディは3トーンの黒。ホイールとリヤショックはマットブラックで、ラジエーターシュラウドとフューエルインジェクション部のカバーは艶ありブラックという具合だ。

後編もお楽しみに!

取材協力:Honda Motor Europe/Wheel&Waves

https://www.wheels-and-waves.com/

記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ

カスタムとメンテナンスのことならおまかせ!

Heritage&Legendsが取材した、いま話題のザ・グッドルッキン・バイク

月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』最新号情報

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.