青木3兄弟が提唱したサイドスタンドプロジェクト。車いすだって、バイクに乗れるんだ! 夢をあきらめることなんてないんだ! という運動がついにアメリカへ、伝説のチャンピオンへと広がった! ウェイン・レイニー、奇跡のライドアゲイン!
(※月刊オートバイ2020年1月号より)

伝説のチャンピオンが再び鈴鹿を疾走るまで

ウェイン・レイニーといえば、1990年から3年連続して世界グランプリ500㏄クラスを制した伝説のチャンピオン。

しかし93年シーズン、4連覇を目前にレース中に転倒、第6頸椎を損傷し、そのままライダー生活を引退。以後は車いす生活を余儀なくされている。

ウェイン・レイニー

1983/87年にAMAスーパーバイクチャンピオンとなり、88年からチームロバーツより世界グランプリに本格デビュー。

90年から3年連続チャンピオンとなるも、93年イタリアGPで転倒し、下半身不随の重症を負い、ライダーを引退。

88年には鈴鹿8耐も制覇。

そのレイニーが日本に来る! というニュースだけでもオールドファンにはうれしい話なのに、なんとバイクに乗るとは!

これは、同じく車いすライダーとして知られる青木拓磨の「サイドスタンドプロジェクト」(SSP)が大きく関係している。

拓磨のSSPは、なにも車いすの人にバイクに乗ろうよ、という提案ではなく、どんな困難なことだって諦めることないよ、というメッセージ。これに、レイニーが呼応したのだ。

「初めてこの話をもらったときは、僕はいいよ、って断ったんだ。あの事故から26年、その間にバイクに乗ろうとか、なんとか乗りたい、なんて気持ちはなかったからね」とレイニー。

来日も26年ぶりだ。

しかし、ここから奇跡へのカウントダウンが始まっていく。

画像: 鈴鹿への来場も、1993年以来。サウンドofエンジン初登場のレイニー、初日のステージトークショーから割れんばかりの大歓声を浴びていた。間違いなくこの日の主役だった。

鈴鹿への来場も、1993年以来。サウンドofエンジン初登場のレイニー、初日のステージトークショーから割れんばかりの大歓声を浴びていた。間違いなくこの日の主役だった。

「素晴らしい経験だった、本当に楽しかったよ」

当初レイニーは、モビリティランドの来日オファーを、日本のファンにまた会える、また挨拶したいという思いで快諾していた。

「このイベントの話をもらって、実はこんな企画がある、ってデモランを勧められたんだ。でも、僕はそんな気になれなかった」

レイニーの背中を押したのは、師匠であるケニー・ロバーツ、先輩ライダーであるエディ・ローソン。

けれど、家族は反対だった。

「ワイフや息子たちは『なぜ今更そんなことを?』って言う。ケニーやエディ、友人たちは『やろうやろう』って正反対さ(笑)。

でも、10月に誕生日が来て、59歳になった。ふと気が変わったんだろうね、『なぜやるの?』って聞かれて、『なぜやらないの?』って答えるようになった。乗る理由なんてないさ、でも乗らない理由だってないんだ」

それからは、拓磨が使用できるまでにこぎつけたフットレスト、ハンドチェンジシステムなどのパーツがUSヤマハに届き、YZF-R1に装着してテスト。

最初は上手く乗れなかったものの、何度かテストするうちに、きちんと走行できるまでになる。

それが事前に世界公開された動画だった。

「日本から送ってもらった、タクマが走行するビデオを見て、楽しそうだな、スゴい男だ、って勇気をもらったね。でも、アメリカで乗った時、特別な感情は生まれなかったんだ。またバイクに乗れる、って嬉しさはあったけどね」

画像: 夜にはレジェンドを招いてのパーティも開かれた。レジェンドゆかりのグッズを手にファンが詰めかけた!「日本のファンは相変わらずにマナーがいいし、アツいね」(レイニー)

夜にはレジェンドを招いてのパーティも開かれた。レジェンドゆかりのグッズを手にファンが詰めかけた!「日本のファンは相変わらずにマナーがいいし、アツいね」(レイニー)

画像: レイニーの師匠であり、最高の友人である“キング”ケニー・ロバーツ。王様ケニーが、レイニーの動きひとつひとつに気を配っていた。

レイニーの師匠であり、最高の友人である“キング”ケニー・ロバーツ。王様ケニーが、レイニーの動きひとつひとつに気を配っていた。

画像: 「ウェインとこうしてまた走れるようになるなんて夢のようだね。それが鈴鹿サーキットなんて最高の瞬間だったよ」(ローソン)

「ウェインとこうしてまた走れるようになるなんて夢のようだね。それが鈴鹿サーキットなんて最高の瞬間だったよ」(ローソン)

画像: 同じハンディを持つライダー同士、レイニーとたくさん情報交換していた青木拓磨。レイニー復活を自分のことのように喜んでいた。

同じハンディを持つライダー同士、レイニーとたくさん情報交換していた青木拓磨。レイニー復活を自分のことのように喜んでいた。

画像: ヤマハが車両を用意、YSP富士吉田で製作されたYZF-R1。マールボロカラーは、ロゴこそ掲出できなかったが、当時と同じカラー番号の蛍光オレンジでペイントされたという。

ヤマハが車両を用意、YSP富士吉田で製作されたYZF-R1。マールボロカラーは、ロゴこそ掲出できなかったが、当時と同じカラー番号の蛍光オレンジでペイントされたという。

画像: ピットでYZF-R1にまたがって出番を待つレイニー。このシーンがビジョンに大写しになった時、鈴鹿スタンドから大歓声が。

ピットでYZF-R1にまたがって出番を待つレイニー。このシーンがビジョンに大写しになった時、鈴鹿スタンドから大歓声が。

そしてサウンドofエンジン当日。

「土曜の朝のうち、観客のみんなに気づかれないように西コースで練習したんだ。そうしたら、気持ちが変わってしまったんだ!」

レイニーが鈴鹿を走るのは、あの93年、シュワンツ、ビーティ、伊藤との激しいバトルを制して優勝した日本GP以来、26年ぶり!

「走り出した瞬間、思い出したんだ。鈴鹿のストレートを、ヘアピンを、スプーンをね。ライバルたちとの戦いより、鈴鹿を走ったあの頃を思い出した。ワーオ!だよ。事故をして以来、こんな気持ちになったのは初めて。自分でもびっくりするくらいの感動だった!」

そしてレイニーは、土曜と日曜、たった3周、しかも東コースだけだったけれど、26年ぶりに、鈴鹿の大観衆の前で走った!

画像: 「素晴らしい経験だった、本当に楽しかったよ」
画像: ウェインの先導をするはずが、すっかり置き去りにしてしまったロバーツ&ローソン。後方から追うレイニーは、ふたりの姿を追うという夢のような時間を過ごしていたのだという。

ウェインの先導をするはずが、すっかり置き去りにしてしまったロバーツ&ローソン。後方から追うレイニーは、ふたりの姿を追うという夢のような時間を過ごしていたのだという。

「ひどいんだよ、ケニーとエディが僕を抜いて、置いて行っちゃうんだもん(笑)。でも、メインストレートでふたりの後ろを走って、あのふたりのバトルの輪に入りたいなぁ、と思ったけど、後ろからふたりの美しい姿を見るのも素晴らしいものだったなぁ」

ウェインisバック! けれどこのプロジェクトはいったん終了。アメリカに帰ってまた次、という気持ちにはなれないんだという。

「だって、また走るとなったら、今度はマシンのセッティングだって始めちゃうかもよ(笑)。いつかは、あの頃の500㏄のGPマシンに乗ってみたいな。まぁ、それは夢としておいておくさ」

本当に素晴らしい経験だった、最高に楽しかったよ、と語るレイニーの背後で、ケニーとエディが、そして拓磨が幸せそうな笑顔でいたのが忘れられない。

ウェイン、見ている僕らも、最高だったよ!

画像: 左から師匠であるケニー・ロバーツ、先輩ライダーであるエディ・ローソン、ウェイン・レイニーと、この日のレイニー復活のきっかけを作ったと言える青木拓磨。

左から師匠であるケニー・ロバーツ、先輩ライダーであるエディ・ローソン、ウェイン・レイニーと、この日のレイニー復活のきっかけを作ったと言える青木拓磨。

PHOTO & TEXT:中村浩史

月刊オートバイでは毎号、モータースポーツの最新情報を掲載!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.