2019年12月24日、スズキのクロスオーバー軽乗用車のハスラーが2代目にフルモデルチェンジ。そのディテールを発表会の写真で紹介しよう。

ワゴンR、スペーシアに続くスズキ軽の基幹車種に成長

2019年の東京モーターショーに「ハスラー コンセプト」として参考出品されたモデルが、ほぼそのまま新型ハスラーとして発表された。エクステリアは従来型のスタイルを踏襲しているが、よりタフで力強いイメージになった。ピラーがボディと同色になり、Cピラーにリアクオーターガラスが設置されたのが大きな違いだ。

インテリアは、3連インパネカラーガーニッシュが特徴的。カラー液晶ディスプレイを採用したメーターや、オプションだが9インチHDディスプレイのメモリーナビも設定されている。ラゲッジスペースの使い勝手も高い。

エンジンは新開発の自然吸気と従来からのターボを設定。全車にマイルドハイブリッドも組み合わされている。安全装備では進化したスズキセーフティサポートを採用し、ターボ車には全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールも採用するなど充実している。

ハスラー HYBRID Xターボ(4WD) 主要諸元

●全長×全幅×全高:3395×1475×1680mm
●ホイールベース:2460mm
●重量:880kg
●パワートレーン種類:直3 DOHCターボ+モーター
●排気量:658cc
●エンジン最高出力:47kW<64ps>/6000rpm
●エンジン最大トルク:98Nm<10.0kgm>/3000rpm
●モーター最高出力:2.3kW<3.1ps>/1000rpm
●モーター最大トルク:50Nm<5.1kgm>/3000rpm
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:横置き4WD
●WLTCモード燃費:20.8km/L
●タイヤサイズ:165/60R15
●税込価格:174万6800円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.