ENDURANCE「ツインカメラドライブレコーダー」/税込価格:2万9920円

画像: セット内容は比較的シンプル。接続コードが色や記号で区別されているので迷わず結線できる。手前左にあるのが手元スイッチ。

セット内容は比較的シンプル。接続コードが色や記号で区別されているので迷わず結線できる。手前左にあるのが手元スイッチ。

事故に加え、あおり運転などの「事件」も記録できるとあって、ドラレコの普及が加速している。特に一人で乗ることが多いオートバイの場合、証拠を残す唯一の手段だけに導入を検討しているライダーも多いはずだ。

そこでエンデュランスから新発売されたオートバイ用ドラレコをテストしてみた。

特徴は前後同時録画可能な2個のカメラとカラー液晶モニターを備えていること。

あおり運転や追突事故の被害に遭ったときには何よりも車両後方の記録が有効だから、これから装着するなら2カメラタイプをお薦めする。

この製品は120度広角レンズ+200万画素のSONY製センサー採用でフルHD画質を確保。

WDR機能も採用され、夜間や逆光時も鮮明な画像で記録できる。

画像: 本体サイズは100㎜×55㎜×22㎜。画質や日時、衝撃センサー感度などの設定もモニターに表示され、右側のボタンで簡単に変更できる。

本体サイズは100㎜×55㎜×22㎜。画質や日時、衝撃センサー感度などの設定もモニターに表示され、右側のボタンで簡単に変更できる。

本体には2.7インチの液晶モニターを備え、記録映像をその場で再生できるし、カメラの位置調整や各種設定もモニターを見ながらスムーズに行えるのが便利だ。

取り付けはシート下などに本体を固定してメインスイッチ連動の配線から電源を取り、前後2個のカメラと手元スイッチを固定する。

ニンジャ1000に装着したが、電源端子の加工作業も含めて1時間ほどで装着できた。

メインスイッチ連動で録画が始まると手元スイッチのLEDが点灯。このスイッチを押すことで録画の停止/再開も行える。

動画はMOVファイル形式で保存されるので、SDカードを経由してパソコンの大画面で見ることも可能だ。

使いやすくて高画質。質実剛健なドラレコに仕上がっている。

画像: WDR機能の搭載により、夜間+後続車のライトという明暗差の大きな状況でもナンバープレートの文字がしっかり読み取れる。

WDR機能の搭載により、夜間+後続車のライトという明暗差の大きな状況でもナンバープレートの文字がしっかり読み取れる。

画像: 広角レンズで片側3車線の道路でも対向車線まで完全にカバー。LED信号機のフリッカー(チラつき)現象にも対応している。

広角レンズで片側3車線の道路でも対向車線まで完全にカバー。LED信号機のフリッカー(チラつき)現象にも対応している。

画像: モニター付きだから前後カメラの画角調整が簡単。前後の表示サイズを入れ替えたり、フロントのみ、リアのみを表示することも可能だ。

モニター付きだから前後カメラの画角調整が簡単。前後の表示サイズを入れ替えたり、フロントのみ、リアのみを表示することも可能だ。

テスター太田安治の欲張りリクエスト

操作性も画質も秀逸で、ドラレコとしての完成度は高い。

ビス固定タイプのカメラマウントが付属するが、ミラー基部やハンドルバー用クランプマウントがオプション設定なのが残念。

両面テープの貼り付けマウントも用意して欲しい。

文:太田安治/写真:南 孝幸/モデル:梅本まどか

エンデュランス 公式サイト

月刊オートバイでは毎号、太田安治テスターが気になる新製品をチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.