EICMA2019のホンダブースでは、新型ファイアーブレードの登場とともに、もう1台注目を集めるモデルがあった。銀色に輝くボディの、謎のクロスオーバー。その正体は、ローマのデザインスタジオが作り上げた気鋭のコンセプトモデルだった!

個性的で躍動感満点! 次世代のクロスオーバー、ホンダ「CB4X」

EICMA2019でホンダが展示したコンセプトモデル「CB4X」。

ホンダのヨーロッパにおける研究開発拠点で、イタリア・ローマにあるホンダR&Dヨーロッパが、「クロスオーバースタイルを思わせる新しいスポーツツーリングモデルの提案」として製作したモデルだという。

画像1: 個性的で躍動感満点! 次世代のクロスオーバー、ホンダ「CB4X」

アジャスタブルスクリーンを備えるフロントカウルと一体の、前方に張り出した燃料タンクが特徴的なフロントセクションと、対照的にシンプルかつ短く切り詰められたリアセクションによって、これまでのクロスオーバーモデルとは一味異なる、躍動感を表現したユニークなデザインが目を惹く。

同時にボディの「面」を強調することも狙っていて、フロントカウルからサイドにかけてのボリューム感も目立つ。

画像2: 個性的で躍動感満点! 次世代のクロスオーバー、ホンダ「CB4X」

テールカウル内側にあしらわれた「X」の文字など、各部に遊び心あふれるディテールも盛り込まれたスタイルは魅力的で、今後の市販車に反映されることを期待したくなってくる。

コンセプトモデルだが市販を期待したくなる

まさにクロスオーバーとしか言いようのない、独特な存在感が特徴のCB4X。

コンセプトモデルとはいえ各部の造りを見ていくと市販車的な部分も多く、そのまま市販される? と思えるほどだ。

画像1: コンセプトモデルだが市販を期待したくなる

まず搭載されているエンジンだが、これは日本国内でも販売されているネイキッドスポーツ、CB650R用のパワフルで扱いやすさも兼ね備える648㏄水冷直4そのもの。

オフロード車的な腰高さを実現するストロークの長い前後サスは、いずれもオーリンズ製のものが装着されていて、ブレーキもブレンボ製。

画像2: コンセプトモデルだが市販を期待したくなる

さらにスーパースポーツのようなデザインの17インチキャストホイールや、CB1000Rを想わせる片持ちスイングアームなどはまさに市販車クオリティ。

もちろん実験的な試みも盛り込まれてはいるが、単なるコンセプトモデルとして終わってほしくない1台だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.