月刊オートバイの読者の皆さんで選ぶ人気バイクナンバー1決定戦「JAPAN BIKE OF THE YEAR」は1978年から開催し、2019年で41回目を迎えました。今回はアンダー50ccの「50クラス」で4~10位にランクインした機種を紹介します!
(※月刊オートバイ 2019年10月号より)

第4位 1427POINTS

YAMAHA E-VINO

画像: 最高出力:1.6PS/3760rpm 最大トルク:0.8kg-m/330rpm 税込価格:24万900円

最高出力:1.6PS/3760rpm
最大トルク:0.8kg-m/330rpm
税込価格:24万900円

TV番組でもおなじみの電動スクーター

VINOをベースに開発されたE-VINO。動力源をリチウムイオンバッテリー+三相ブラシレスDCモーターにして電動スクーター化。

2015年に登場してから特にモデルチェンジしていないが、テレビ東京系で放送されている「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」で使用されていることもあって注目度は高く、今年は4位にまで急上昇!

【主なスペック】[並び順]●エンジン(モーター)形式 ●総排気量(定格出力) ●最高出力 ●最大トルク ●車両重量 ●シート高 ●燃料タンク容量 ●タイヤサイズ前・後
●交流同期電動機●0.58kW●1.6PS/3760rpm●0.8kg-m/330rpm
●68kg●715mm●50V,10AH●90/90-10・90/90-10

第5位 1330POINTS

Honda GIORNO くまモンバージョン

画像: 最高出力:4.5PS/8000rpm 最大トルク:0.42kg-m/6000rpm 税込価格:20万6800円(受注終了)

最高出力:4.5PS/8000rpm
最大トルク:0.42kg-m/6000rpm
税込価格:20万6800円(受注終了)

人気の「くまモンシリーズ」

ファッショナブルな丸みを帯びたスタイルと使い勝手の良さが評価されている50ccスクーターのジョルノ。

昨年は50クラスのベスト10に入っていなかったが、熊本県のPRマスコット「くまモン」のイメージを取り入れたバージョンの人気にも後押しされて今年は5位。

【主なスペック】
●水冷4ストOHC2バルブ単気筒●49cc●4.5PS/8000rpm●0.42kg-m/6000rpm
●81kg●720mm●4.5L●80/100-10・80/100-10

第6位 1207POINTS

Honda DUNK

画像: 最高出力:4.5PS/8000rpm 最大トルク:0.42kg-m/6000rpm 税込価格:21万8900円/22万4400円(マットカラー)

最高出力:4.5PS/8000rpm
最大トルク:0.42kg-m/6000rpm
税込価格:21万8900円/22万4400円(マットカラー)

精悍なルックスのスクーター

2014年にデビューしたダンクは、若者をターゲットにした新鮮なイメージのスタイリングと優れた利便性、そして水冷eSPエンジンによる経済性と活発な走りを備える新世代の50ccスクーター。

昨年はクラス7位となっていたが、今年は6位と1ランクアップ。

【主なスペック】
●水冷4ストOHC2バルブ単気筒●49cc●4.5PS/8000rpm●0.42kg-m/6000rpm
●81kg●730mm●4.5L●90/90-10・90/90-10

第7位 1037POINTS

Honda GYRO CANOPY

画像: 最高出力:4.6PS/7500rpm 最大トルク:0.45kg-m/7000rpm 価格:57万900円

最高出力:4.6PS/7500rpm
最大トルク:0.45kg-m/7000rpm
価格:57万900円

ビジネスシーンの王様スリーター

3輪構造の優れた安定性を活かしたビジネス3輪スクーター・ジャイロシリーズの中で、大型スクリーンとルーフを備えて耐候性を向上させたモデルがジャイロキャノピー。

これまでランクインしていなかったが、今年はその個性と機能性が注目されたのかクラス7位。

【主なスペック】
●水冷4ストOHC4バルブ単気筒●49cc●4.6PS/7500rpm●0.45kg-m/7000rpm
●139kg●700mm●5.9L●100/100-12・130/70-8

第8位 881POINTS

YAMAHA VINO

画像: 最高出力:4.5PS/8000rpm 最大トルク:0.42kg-m/6000rpm 価格:20万3500円

最高出力:4.5PS/8000rpm
最大トルク:0.42kg-m/6000rpm
価格:20万3500円

女性に人気のおしゃれスクーター

1997年のデビュー以来、レトロな雰囲気の可愛らしいスタイルで女性を中心に長く人気を集めてきた50ccスクーターのVINOは、去年のベスト10圏外から今年は8位となった。

現行モデルはホンダとの提携によりジョルノベースとなったが、個性的スタイルは健在。

【主なスペック】
●水冷4ストOHC2バルブ単気筒●49cc●4.5PS/8000rpm●0.42kg-m/6000rpm
●81kg●720mm●4.5L●80/100-10・80/100-10

第9位 847POINTS

Honda TACT/TACT BASIC

画像: 最高出力:4.5PS/8000rpm 最大トルク:0.42kg-m/6000rpm 価格:16万8300円(BASIC)/18万1500円

最高出力:4.5PS/8000rpm
最大トルク:0.42kg-m/6000rpm
価格:16万8300円(BASIC)/18万1500円

毎日使いたいカジュアルモデル

ホンダ伝統のベーシック50ccスクーター・タクトは、扱いやすくシンプルなデザインの取り回しやすいサイズの車体へ、力強さに優れ環境性能もプラスした水冷のeSPエンジンを搭載。

昨年はランクインしなかったが、今年は50クラス9位とトップ10入りを果たした。

【主なスペック】
●水冷4ストOHC2バルブ単気筒●49cc●4.5PS/8000rpm●0.42kg-m/6000rpm
●79(78)kg●720(705)mm●4.5L●80/100-10・80/100-10

第10位 709POINTS

YAMAHA JOG/JOG Deluxe

画像: 最高出力:4.5PS/8000rpm 最大トルク:0.42kg-m/6000rpm 税込価格:17万500円/18万3700円(Deluxe)

最高出力:4.5PS/8000rpm
最大トルク:0.42kg-m/6000rpm
税込価格:17万500円/18万3700円(Deluxe)

昨年は50クラスで6位と健闘していた、ヤマハのスタンダードな50ccスクーターであるJOGだが、今年は4つ順位を落として10位。

VINOと同じく、ホンダとの提携によって基本的なメカニズムはタクトと共通化されていて、スタイリングのみJOG専用に変更されている。

【主なスペック】
●水冷4ストOHC2バルブ単気筒●49cc●4.5PS/8000rpm●0.42kg-m/6000rpm
●78(79)kg●705(720)mm●4.5L●80/100-10・80/100-10

まとめ:月刊オートバイ編集部

月刊オートバイでは毎号、新型車の情報を徹底的に解説しています!

排気量関係なし!【JAPAN BIKE OF THE YEAR 2019】総合クラスの結果

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.