2019年12月23日ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバーのレンジローバー(RANGE ROVER)とレンジローバースポーツ(RANGE ROVER SPORT)の2020年モデルを発売した。

MHEVモデルの投入で電動化を加速か

ジャガー・ランドローバーは2019年2月、3L 直列6気筒エンジンの新型「インジニウム(INGENIUM)」を自社開発したことを公表していた。可変バルブリフト機構やツインスクロールターボを組み合わせ、電動過給やマイルドハイブリッド化することでエンジンの高効率化を図るというもの。従来のV6エンジンと比較して20%ほど燃費を向上させることができるという。

400ps/550Nmを発生するこの新開発エンジンをレンジローバースポーツの2020年モデルに搭載し、2019年12月23日に日本で発売した。とはいえ、採用されるグレードは「レンジローバースポーツ オートバイオグラフィ ダイナミック(1272万円)」のひとつだけ。実際の燃費値は公表されていないものの最高速は225km/h、0→100km/h加速は5.9秒を記録するという。

画像: 2020年モデルとして発売されたレンジローバースポーツ。自社開発の直6エンジンを搭載するグレードもある。

2020年モデルとして発売されたレンジローバースポーツ。自社開発の直6エンジンを搭載するグレードもある。

このほかにもいくつかパワートレーンがあり、ディーゼル仕様の3L V6ターボ(258ps/600Nm)や、ガソリン2L直4ターボ(300ps)とモーター(116ps)を組み合わせたプラグインハイブリッド(システム合計404ps/640Nm)仕様、5L V8スーパーチャージャーをパワー違いで2種類(525ps/625Nmと575ps/700Nm)と数多くのパワートレーンを用意しているのも特徴のひとつ。

また、コクピットの上下2画面で車両情報を確認・設定できるシステム「Touch Pro Duo」や、4G通信可能なWi-Fiホットスポットなどを標準装備し、ステアリングアシスト付のアダプティブクルーズコントロール(ACC)やヘッドアップディスプレイ(HUD)をオプションとして用意するなど、先進技術も採用されている。

ちなみに、レンジローバースポーツの兄貴分にあたるレンジローバーも、デザイン変更を受けて2020年モデルとして同時に発表・発売された。

画像: レンジローバーブランドのフラグシップモデル「レンジローバー」も2020年モデルとして発売された。

レンジローバーブランドのフラグシップモデル「レンジローバー」も2020年モデルとして発売された。

レンジローバースポーツ 車両価格

SE(3L V6ディーゼル/258ps):936万円
HSE(3L V6ディーゼル/258ps):1084万円
HSE ダイナミック (3L V6ディーゼル/258ps):1143万円
HSE(PHEV/404ps):1218万円
HSE ダイナミック(PHEV/404ps):1276万円
オートバイオグラフィ ダイナミック(PHEV/404ps):1351万円
オートバイオグラフィ ダイナミック(3L 直6ガソリン/400ps):1272万円
オートバイオグラフィ ダイナミック(5L V8ガソリン/525ps):1482万円
SVR(5L V8ガソリン/575ps):1723万円

レンジローバー 車両価格

ヴォーグ(3L V6ディーゼル/258ps):1493万円
オートバイオグラフィ(3L V6ディーゼル/258ps):1790万円
ヴォーグ(PHEV/404ps):1550万円
オートバイオグラフィ(PHEV/404ps):1831万円
ロングホイールベース ヴォーグ(PHEV/404ps):1616万円
ロングホイールベース オートバイオグラフィ(PHEV/404ps):1888万円
SVオートバイオグラフィ(PHEV/404ps):2956万円
ヴォーグ(5L V8ガソリン/525ps):1702万円
オートバイオグラフィ(5L V8ガソリン/525ps):1983万円
ロングホイールベース オートバイオグラフィ(5L V8ガソリン/525ps):2072万円
SVオートバイオグラフィ ダイナミック(5L V8ガソリン):2578万円
ロングホイールベース SVオートバイオグラフィ(5L V8ガソリン/565ps):3202万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.