2019年12月23日、ダイハツ工業は軽自動車「タント」の新グレードとして「セレクション」シリーズを設定し発売した。今回は、既存のパックオプションを標準装備とすることで、高機能をよりニーズナブルな価格で使用できるようにした(タイトル画像はXセレクション:2WD仕様)。

リーズナブルな価格設定の「セレクション」シリーズ

画像: Xターボセレクションは、既存オプションのコンフォータブルパックとスマートクルーズパックが標準装備になっている。

Xターボセレクションは、既存オプションのコンフォータブルパックとスマートクルーズパックが標準装備になっている。

タントは、2003年に登場し軽自動車市場にスーパーハイト系を定着させたクルマだ。ルーフが高く、室内空間を広く取れたおかげで、抜群の使い勝手の良さをもち、多くのユーザーに支持されてきた。ピラーインドアの「ミラクルオープンドア」、両側パワースライドドアも軽自動車では初のものだった。

2019年7月に4代目タントが発売されたが、これも初代からの美点を引き継ぐとともに、ダイハツの新世代のクルマづくりの一環である「DNGA」の第一弾となったことで力を入れられた。とくに時代の要請でもある先進・安全装備として「次世代スマートアシスト」を採用し大幅に機能と性能を進化させたことで、幅広い世代の支持を受けている。

画像: カスタムXセレクションでは既存オプションのコンフォータブルパックとスマートクルーズパックが標準装備になっている。

カスタムXセレクションでは既存オプションのコンフォータブルパックとスマートクルーズパックが標準装備になっている。

今回設定された新グレードの「セレクション」シリーズは、タントXとXターボ、カスタムX、カスタムRSをベースとしており、既存のバックオプションであるコンフォータブルパック、スマートクルーズパック、スタイルパックをグレードに応じて標準設定としリーズナブルな価格としたもの。具体的にはXセレクションでは既存のコンフォータブルパックが標準装備に、XターボセレクションとカスタムXセレクションでは既存のコンフォータブルパックとスマートクルーズパックが標準装備に、カスタムRSセレクションでは、既存のコンフォータブルパック、スマートクルーズパック、スタイルパックが標準装備となる。

標準装備となるパックの内容を見ていくとコンフォータブルパックでは360度スーパーUV&IRカットガラス、格納式シートバックテーブル&シートバックポケット、運転席シートリフター、チルトステアリングなどが、スマートクルーズパックでは全車速追従機能付ACC、LKC、スマートクルーズ専用ディスプレイ、ステアリングスイッチ、運転席シートリフター、ETCユニットなどが、スタイルパックではLEDフォグランプ、メッキフォグランプガーニッシュ、メッキリアリフレクターガーニッシュが含まれている。

画像: カスタムRSセレクションでは、既存オプションのコンフォータブルパック、スマートクルーズパック、スタイルパックが標準装備となっている。

カスタムRSセレクションでは、既存オプションのコンフォータブルパック、スマートクルーズパック、スタイルパックが標準装備となっている。

機能装備を中心に装着する「セレクション」シリーズは、ユーザーにとってより利便性の高いものとなっている。車両価格(税込)は以下のとおり。

Xセレクション(2WD):149万500円
Xセレクション(4WD):161万7000円
Xターボセレクション(2WD):164万4500円
Xターボセレクション(4WD):176万5500円
カスタムXセレクション(2WD):172万1500円
カスタムXセレクション(4WD):184万2500円
カスタムRSセレクション(2WD):185万3500円
カスタムRSセレクション(4WD):197万4500円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.