『ショート・ターム』監督の最新作『黒い司法 0%からの奇跡』が2020年2月28日(金)より全国公開。このたび日本版メインビジュアル&場面写真が一挙解禁された。
画像: 正義とは何かを問う実話映画『黒い司法 0%からの奇跡』場面写真一挙解禁

「今こそ、【真の正義】を問う」というコピーが印象的

本作は、冤罪の死刑囚たちのために闘う弁護士ブライアン・スティーブンソンが起こした奇跡の実話の映画化。

物語の舞台は黒人への差別が根強い1980年代アラバマ州。犯してもいない罪で死刑宣告された黒人の被告人ウォルターを助けるため、新人弁護士ブライアンは無罪を勝ち取るべく立ち上がる。

しかし、仕組まれた証言、白人の陪審員たち、証人や弁護士たちへの脅迫など、数々の差別と不正がブライアンの前に立ちはだかる。果たしてブライアンは、最後の希望となり、彼らを救うことができるのか―!?  可能性0%からの奇跡の逆転劇に挑む!

主演を務めるのは、「クリード」シリーズや『ブラックパンサー』などで知られるマイケル・B・ジョーダン。絶望の淵に立つ人々に寄り添いながら、不利な司法システムの中で闘うブライアンを熱演。

共演には、不当な判決を受ける死刑囚ウォルターをオスカー俳優ジェイミー・フォックス、ブライアンと共に黒人死刑囚を助けるための法律事務所で働く女性エバをオスカー女優ブリー・ラーソンが演じる。

そして監督は、世界中の映画祭で絶賛された『ショート・ターム』で注目を集めたデスティン・ダニエル・クレットンが務める。

このたびメインビジュアルが解禁。可能性が限りなく0%に近い、死刑囚の冤罪を立証すべく立ち上がったマイケル・B・ジョーダン演じるブライアン・スティーブンソンが未来を見据えるかのように奮い立つ姿が印象的なビジュアルが完成した。

「今こそ、【真の正義】を問う」という、目の前の助けが必要な人々に手を差し伸べるだけでなく、間違った制度や社会に対して今も闘い続けている彼の信念を感じるコピーが印象的だ。

画像1: 「今こそ、【真の正義】を問う」というコピーが印象的
画像2: 「今こそ、【真の正義】を問う」というコピーが印象的
画像3: 「今こそ、【真の正義】を問う」というコピーが印象的

あわせて、賞レースでも評価の高いジェイミー・フォックスや、クレットン監督作品常連のブリー・ラーソンを含む場面写真も解禁。実力派俳優たちによる演技合戦にも期待が高まる。

先日発表されたナショナル・ボード・オブ・レビューでは「表現の自由賞」を受賞し、大人のための映画賞では助演男優賞(ジェイミー・フォックス)&Best Buddy Picture賞、全米映画俳優組合賞助演男優賞(J・フォックス)へのノミネートが発表された『黒い司法 0%からの奇跡』。12月25日の全米先行公開に向け、日に日に注目度も高まっている。

黒い司法 0%からの奇跡
2020年2月28日(金)ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.