NEXCO東日本/NEXCO中日本/NEXCO西日本/JB本四高速/(公財)日本道路交通情報センターは、2019年12月27日(金)〜2020年1月5日(日)の高速道路での交通集中による渋滞予測をとりまとめた。(掲載画像は、すべてイメージです)

年末年始では、とくに1月2日〜4日に渋滞が多発する見込み

この予測によると、2019年12月27日(金)〜2020年1月5日(日)の年末年始期間に、10km以上の渋滞は上下線の合計で200回は発生すると予測されている。下り線では、1月2日(木)・3日(金)の2日間、上り線では1月2日(木)〜4日(土)の3日間がピークと見られている。この渋滞を回避するためにも、下り線は1月4日(土)・5日(日)を、上り線は1月5日(日)の利用を推奨している。

画像: 各社による10km以上の渋滞予測カレンダー。できればピークを避けて利用したいもの。

各社による10km以上の渋滞予測カレンダー。できればピークを避けて利用したいもの。

各社の高速道路で、とくに長い渋滞発生が予測されているのは、以下の地点だ。

●NEXCO東日本
 関越自動車道(下り)東松山IC付近:12月30日(月)7時ごろをピークに20km
 京葉道路(下り)貝塚IC付近:1月2日(木)11時ごろをピークに20km
 東北自動車道(上り)加須IC付近:1月3日(金)18時ごろをピークに35km
 関越自動車道(上り)高坂SA付近:1月3日(金)17時ごろをピークに35km
 
●NEXCO中日本
 東名高速道路(下り)秦野中井IC付近:12月28日(土)8時ごろ/12月29日(日)8時ごろ/12月30日(月)9時ごろをピークに30km
 東名高速道路(上り)大和トンネル付近:1月3日(金)13時ごろ/1月4日(土)16時ごろをピークに35km
 
●NEXCO西日本/JB本四高速
 名神高速道路(下り)大津IC付近:12月28日(土)18時ごろ/1月2日(木)16時ごろ/1月3日(金)16時ごろをピークに20km
 名神高速道路(上り)草津JCT付近:1月2日(木)11時ごろ/1月3日(金)12時ごろをピークに25km
 九州自動車道(上り)広川IC付近:1月3日(金)18時ごろをピークに25km
※ IC:インターチェンジ、SA:サービスエリア、JCT:ジャンクション

ここで紹介したのはあくまでも予測であり、事故や気象などの影響で渋滞状況は変化するから、出発前や旅行中には最新の道路交通情報を確認・活用したい。また、渋滞予測ガイド(渋滞予測情報の冊子)を各休憩施設などで配布しているので、事前に手に入れておくといいだろう。

渋滞緩和のために必要な心がけは

1)上り坂での速度低下に注意
2)車間距離を詰めすぎない
3)必要以上の車線変更は控える

といったことに気をつけるだけでも、渋滞緩和につながる。
そして、事故防止のためにも「全席シートベルトの着用」や「こまめな・早めの休憩」も心がけたい。休憩施設の混雑も予想されるので、トイレ休憩などは早めに。

また、冬の高速道路は突然の大雪に見舞われることもある。いざというときのためにタイヤチェーンは必ず携行し、なるべくなら冬用タイヤ(スタッドレスタイヤなど)を装着しておきたい。

なお、年末年始の休日割引適用日は、12月28日(土)・30日(日)、1月1日(水・祝)〜5日(日)となる。

高速道路に限ったことではないが、くれぐれもセーフティツーリング&ドライブで新しい年を迎えたいものだ。

画像: 渋滞にハマってもイライラせずに、くれぐれもセーフティツーリング&ドライブを!

渋滞にハマってもイライラせずに、くれぐれもセーフティツーリング&ドライブを!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.