以前に連載した「昭和の名車」では、紹介しきれなかったクルマはまだ数多くある。そこで、1960年代以降の隠れた名車を順次紹介していこう。今回は「スズキ フロンテ800」だ。

スズキ フロンテ800:昭和40年(1965年)12月発売

画像: 全体を曲線でまとめた伸びやかな2ドアセダンはヨーロッパ風の雰囲気だった。

全体を曲線でまとめた伸びやかな2ドアセダンはヨーロッパ風の雰囲気だった。

1963年(昭和38年)の第10回全日本自動車ショーで発表されたのがフロンテ800だ。当初は翌1964年春に発売といわれていたが計画が遅れ、実際に発売されたのが1965年の12月となった。いずれにしても、それまで軽自動車しか生産しなかったスズキが小型乗用車の激戦区の800ccクラスに投入したクルマということで話題性も高かった。

フロンテ800のボディは、全体を曲線でまとめ挙げられており、優美なヨーロッパスタイルが特徴となっている。フロントウインドーの前面投影面積をできるだけ小さくするために、フロントウインドーはかなり傾斜させられ、ボンネットの開閉方式を前ヒンジとしたのも、スポーティなクルマであることを主張していた。リアスタイルもシンプルにまとめられ、テールランプも円形とするこだわりや、リアバンパーの中央下部にストップランプが埋め込まれるなど野心的デザインも持たせた。

室内はFF方式を採用したためにフロアトンネルがなく、カーブドガラスの使用によってゆったりとしたスペースが得られた。サイドドアの開口面積は大きく、フロントシートバックの操作も簡単で、後席の乗り降りにも優れたレイアウトが好評だった。

エンジンは0.8L(正確には785cc)の2ストローク水冷直3を搭載する。最高出力は4000rpmから41psを発生。最大トルクは8.1kgmだから現代のレベルではお世辞にもトルクフルとはいえないが、当時としては活発な部類だった。吸気系統にスズキ独自のインレットマニホールドを採用し、吸気が各気筒へ均一に配分される設計としていたことや、キャブレターに2連式の2バレルタイプを採用し、低速、高速ともにレスポンスに配慮した結果ともいえるだろう。ちなみにカタログデータでは0→200mの発進加速は13.9秒となっている。

画像: ブラック基調でスポーティな雰囲気も漂わせているインパネまわり。ミッションは4速コラムMT。

ブラック基調でスポーティな雰囲気も漂わせているインパネまわり。ミッションは4速コラムMT。

当時としては珍しいFFの肝となるドライブシャフトはバーフィールド型の等速ジョイントだ。1959年にBMCのオースチン・ミニなどが採用し始めたもので、これも当時としては革新的な機構で、スムーズな走りにひと役買っていた。

サスペンションはリアにデフの収まるホーシングが不要となったこともあり、4輪独立式サスペンションとなった。フロントはウイッシュボーン・ボールジョイント式でトーションバースプリングを縦方向に使い、これにスタビライザーを組み合わせた構成となる。リアは、トレーリングアームとトーションバースプリングという構成となっている。トーションバースプリングの採用で車高調整が可能だったのも特徴だった。

室内では、フロントシートはセミセパレート。シートの調整幅は80mmのスライド量を持ち、リクライニングは5段階と長時間走行でも疲れない配慮がなされていた。リアスペースはショルダールームが大きく、3人が楽に座れた。また、リアシートの後ろにあるパーセルトレーは小物置きとして便利なものだった。

ダッシュボードは、黒を基調に右にスピードメーター、左に水温計とフュエルメーターが一緒に組み込まれている。この2つの円形のメーターの間にウインカー、オイル、チャージなどの警告灯が縦に配列されている。ライト、ワイパー、チョークなどのスイッチ留も機能的な配置となっていた。

大衆車として大きな期待を持たれたフロンテ800だったが、激戦区に投入したために販売的には振るわず1969年に販売を終了した。ただ、スタイリング、メカニズムともに大変ユニークだったことは違いなく「隠れた昭和の名車」と言えるだろう。

画像: テールランプは横並びの丸形。リアバンパー中央下にストップランプが別に付けられていた。

テールランプは横並びの丸形。リアバンパー中央下にストップランプが別に付けられていた。

昭和の名車のバックナンバー

スズキ フロンテ800 デラックス 主要諸元

●全長×全幅×全高:3870×1480×1360mm
●ホイールベース:2200mm
●重量:770kg
●エンジン型式・種類:C10型・2サイクル 直3
●排気量:785cc
●最高出力:41ps/4000rpm
●最大トルク:8.1kgm/3500rpm
●トランスミッション:4速コラムMT
●タイヤサイズ:6.00-12 4P
●価格:54万5000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.