以前に連載した「昭和の名車」では、紹介しきれなかったクルマはまだ数多くある。そこで、1960年代以降の隠れた名車を順次紹介していこう。今回は「ダットサン フェアレディ1500」だ。

ダットサン フェアレディ1500(SP310型):昭和37年(1962年)10月発売

画像: 車体の中央より少し後ろに運転席がレイアウトされる、クラシカルなFRスタイルのポジション。

車体の中央より少し後ろに運転席がレイアウトされる、クラシカルなFRスタイルのポジション。

1962年(昭和37年)に登場したフェアレディ1500は、国産初の本格スポーツとして知られる。ダットサン210をベースに開発された先代SP211型の発展型というより、欧州のライトスポーツに比肩し得る走行性能を念頭に開発された初めてのモデルというべきだろう。とはいえ量販が望めないスポーツカーを量産メーカーが作る場合、自社セダンのシャシに軽量ボディと強力なエンジンを搭載することが多い。フェアレディ1500の場合もSP310型の型式名からもわかるように、P310型ブルーバードをベースに開発されたものだ。

しかし、スポーツカーとして世界が認める基本性能を実現するため、多くの仕様変更が施されている。オープンボディの剛性を高めるため、閉断面のラダーフレームはクロスメンバーで補強され、スポーツカーらしい切れの良いハンドリングを実現するため、前:ダブルウイッシュボーン/後:リーフリジッドのサスペンションも、スプリングやダンパーが強化されている。ステアリングギアは旧世代のカム&レバーだが、ギア比が14.8と速いうえ操舵力が軽いので、ワインディングでは同クラスの欧州スポーツに勝る軽快感を示した。

画像: ステアリングの向こうに4連メーターが並ぶ。速度計は180km/hスケール、回転計は5500rpmからレッドゾーン。

ステアリングの向こうに4連メーターが並ぶ。速度計は180km/hスケール、回転計は5500rpmからレッドゾーン。

エンジンは、セドリック用の1.5L(G型/71ps)が選択されている。G型は日産が初めて独自開発したエンジンで、1960年にセドリック30型でデビューしたばかり。OHVながらショートストロークで最高出力を5000rpmで発生する高速型だ。これをベースにキャブレターを日立SUに換装、高速型カムプロフィル、バルブスプリングのダブル化、コンロッドメタル材質変更などのチューニングを施し、連続高速回転に対応している。出力値自体は変わらないが、車両重量が870kgと軽いので、パワー/ウエイトレシオは12.25kg/psと当時のトップレベルだった。

当然加速性能も素晴らしく、モーターマガジン誌の実測テストでは20秒が壁といわれた0→400mを19.7秒で走り切った。0→100km/h加速も17.1秒を計測。当時の村山テストコースでは国産車の多くが0→80km/hまでしか計測できなかったことを考えると、次元が違う速さだった。軽量ボディを得てファイナルギア比を3ハイギアード化できたため、最高速度は150km/h(カタログ値)と、100km/hで連続走行できるのが高速車と言われた時代には飛びぬけた数字だった。

画像: 1964年のマイナーチェンジ前はフロントシートの後ろに横向きのシートが備わる3人乗りだった。

1964年のマイナーチェンジ前はフロントシートの後ろに横向きのシートが備わる3人乗りだった。

キャビンも特徴的で、運転席に座ると垂直に近いステアリングホイールの向こうに、燃料/水温コンビ、回転計、速度計、時計の4眼メーターの機能的なインパネが展開する。シフトはセンタートンネルから斜めに生えたレバーで2〜4速にシンクロが付く。さらに、前席の後ろに3つ目のシートを置いたのが珍しい。3座目は運転席後ろにセットされるためドライビングポジションは前寄りとなり、ステアリングホイールを握るにはひじを常に曲げていなければならないと不評だったが、これは左ハンドルの北米輸出を重視した結果だ。結局、1964年のマイナーチェンジで2シーターになっている。

画像: 丸型3連テールランプも独特のデザイン。フュエルリッドはナンバープレート右に備わる。

丸型3連テールランプも独特のデザイン。フュエルリッドはナンバープレート右に備わる。

昭和の名車のバックナンバー

ダットサン フェアレディ1500 主要諸元

●全長×全幅×全高:3910×1495×1275mm
●ホイールベース:2280mm
●重量:870kg
●エンジン型式・種類:G型・直4 OHV
●排気量:1488cc
●最高出力:71ps/5000rpm
●最大トルク:11.5kgm/3200rpm
●トランスミッション:4速MT
●タイヤサイズ:5.60-13 4P
●価格:85万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.