本年、日本でもスマッシュヒットを記録した「バジュランギおじさんと、小さな迷子」のサルマン・カーン主演作「Prem Ratan Dhan Payo」が、邦題『プレーム兄貴、王になる』に決定し、2020年2月21日(金)より全国順次公開されることが決定した。

インド映画界で最も影響力のある3大カーンの一人が敢然と立ちあがる!

年間製作本数2000本の映画大国インド。経済の隆盛と共に年々洗練されていく映画界では、社会問題を描くドラマや、ド派手なCGやアクションを重視する作品が増え、実は、歌とダンスを贅沢に盛り込んだ映画が減少していると言われている。しかし、そんな時代の流れにインド映画界で最も影響力のある3大カーンの一人、サルマン・カーンが、敢然と立ちあがる。

サルマン・カーンが本作で演じるのは、面倒見が良くて、曲がった事が大嫌い、周囲からアニキと慕われる下町の貧乏役者のプレーム。彼の願いは、憧れのマイティリー王女に一目でいいから出会う事。王女が、婚約者のプリータムプル王国のヴィジャイ王子の王位継承式にやってくることを聞きつけたプレームは、相棒と出かけた街中で、王子の家来にスカウトされる。

なんと、王子のヴィジャイは、継承者争いの暗殺事件に巻き込まれ意識不明。しかもプレームとヴィジャイは瓜二つだったのだ! 4日後に迫る王位継承に向けて王子の替え玉に仕立てあげられたプレーム。しかし異母兄弟だらけで複雑な関 係の王家の弟妹も、フィアンセのマイティリー王女も、尊大で頑固な王子に心を開いてくれない。はじめは大人しく王子を演じていたプレームだったが、次第に下町育ちの本領を発揮。真っすぐな心で、頑なな人々の心を溶かしていくが…

日本でもスマッシュヒットを記録した『バジュランギおじさんと、小さな迷子』を彷彿とさせる、純粋で世話焼きな下町のアニキ、プレームと、頑固で尊大なヴィジャイ王子の2役を演じて、全編通じて7シーンにも及ぶ絢爛豪華な歌とダンスと、喜怒哀楽のドラマを全力で注ぎこんだインド映画原点回帰の本作は、「古き良きボリウッド映画の再来」と注目を集め、2015年のインド国内興収No.3の大ヒットを記録した。

まったく正反対の二人を演じ分けた主演のサルマン・カーンに加えて、『パッドマン 5億人の女性を救った男』のソーナム・カプールが、聡明なマイティリー王女役で、その美貌を存分に発揮、『ホテル・ムンバイ』のアヌパム・ケールなど、日本でも馴染みのある顔ぶれが集結。

幾度も世界中の舞台や映画で親しまれてきたイギリスの古典名作小説「ゼンダ城の虜」をベースに、総製作費18億円、1,000日以上の準備期間をかけて荘厳な宮殿や、鏡の城のセットが組まれ、5,000人のエキストラを動員して15か月間200日に及ぶ撮影が敢行され、おとぎ話の様に華やかで美しい世界が作り上げられた。そしていま、多幸感溢れるインド映画のあらゆる要素をてんこ盛りに詰めこんだハートウォーミング・マサラムービーが、遂に日本にやってくる!!

このたび解禁されたポスターでは、王子の替え玉となって、持ち前の純粋さで王家の確執を解いていくプレーム(サルマン・カーン)と、フィアンセのマイティリー王女(ソーナム・カプール)の、いまにも踊りだしそうな姿が、華やかな場面写真を背景に浮かびあがり、「これぞインド映画!歌って、踊って、気分スッキリのハートウォーミング・マサラムービー!」のキャッチコピーと共に、王道のインド映画らしく豪華絢爛な歌とダンスや、華やかな衣裳やセットが満載の多幸感に満ちたビジュアルとなっている。

プレーム兄貴、王になる
2020年2月21日(金)、 新宿ピカデリー 他、全国順次ロードショー
配給:SPACEBOX
©Rajshri Productions cFox Star Studios

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.