オスカー女優のシャーリーズ・セロンとニコール・キッドマン、さらに最旬女優マーゴット・ロビーというハリウッドの至宝3大女優の豪華競演で話題を呼んでいる『BOMBSHELL』(原題)の邦題が『スキャンダル』に決まり、2020年2月21日(金)より全国公開することが決定した。

全米最大テレビ局の、あの騒動の真実が明らかに!

本作は、アメリカで視聴率NO.1を誇るテレビ局「FOXニュース」で2016年に起きた実話スキャンダルの映画化。

FOXニュースの元人気キャスターのグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)が、テレビ界の帝王として君臨していたCEOのロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)を提訴した。そのスキャンダラスなニュースに、メディア界に激震が走る――。

騒然とするFOXニュース社内。看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリー(シャーリーズ・セロン)は、上り詰めるまでの自身の過程を振り返り心中穏やかではなくなっていた。一方、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手のケイラ(マーゴット・ロビー)は、ロジャーと対面する機会を得ていた――。

邦題と初日情報と共に解禁となるポスタービジュアルは、物語の中心人物となるシャーリーズ・セロン扮する売れっ子キャスターのメーガン・ケリーと、ニコール・キッドマン扮する元人気キャスターのグレッチェン・カールソン、マーゴット・ロビー扮する若手キャスターのケイラ・ポスピシルの3人が横並びとなり、お互いを意識しつつもそれぞれ不穏な表情を浮かべているような、本作の世界観を表現したビジュアルとなっている。

特に、実在の人物を演じたシャーリーズとニコールは、まさに本人たちに瓜二つの見事な変貌ぶりが話題に。シャーリーズの特殊メイクは、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』でゲイリー・オールドマンの特殊メイクを担当し、第90回アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を日本人として初めて受賞した辻一弘が担当。辻さんが賞レースを再び賑わせるかにも注目が集まる。

また、本編を観た海外メディアからはすでに絶賛の声が続々とあがっており、本年度アカデミー賞では、主演女優賞(シャーリーズ)、助演女優賞(ニコール、マーゴット)、脚本賞(チャールズ・ランドルフ)を始めとする主要部門でのノミネートは必至。受賞最有力候補としても注目が集まっている。

【海外メディア評】

センセーショナル!今最も観なくてはいけない作品。オスカーレース筆頭の爆弾。
Pete Hammond, DEADLINE

今年NO.1!必見!!
Scott Menzel, WE LIVE ENTERTAINMENT

きわどくて、面白くて、目が離せない!
Matt Donnelly, VARIETY

かつてない1本。素晴らしい!
Scott Feinberg, THE HOLLYWOOD REPORTER

オスカー女優のシャーリーズ・セロンが次のステージに上がった。
Eric Kohn, INDIEWIRE

最高の演技!シャーリーズ・セロンに魅了される。
Frank Bruni, NEW YORK TIMES

お見事!!
Nicholas Kristof, NEW YORK TIMES

マーゴット・ロビーのパフォーマンスたるや!実話にして最高のスタイリッシュスリラー!
David Canfield, ENTERTAINMENT WEEKLY

ニコール・キッドマンのグレッチェン・カールソンは、完璧。
Zoe Haylock, VULTURE

シャーリーズ・セロンの変容ぶりが、驚異的!
Jazz Tangcay, VARIETY

マーゴット・ロビーがアカデミー賞をかっさらう!
Matt Samet, FREELANCE

スキャンダル
2020年2月21日(金) TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー
配給:ギャガ
© Lions Gate Entertainment Inc.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.