2019年11月29日、ジャガー・ランドローバー・ジャパンが、ランドローバー ディスカバリースポーツ(LAND ROVER DISCOVERY SPORT)の2020年モデルを発表。従来モデルからエクステリアやインテリアデザインなどを変更し、450万円〜701万円で発売した。

デザインの変更だけでなく、シャシを最適化してプレミアム性も強化

ランドローバー ディスカバリースポーツがマイナーチェンジを受け、2020年モデルが2019年11月29日に発表・発売された。エクステリアデザインを兄貴分にあたるディスカバリーに準じたシンプルなフロント/リアバンパーデザインに、またヘッドライト/テールランプの光源デザインを変更するとともにシグネチャーLEDを採用した。インテリアにおいては素材を見直すなど、プレミアム性を高めている。

今回のマイナーチェンジではフロントシャシー部分の最適化を図り、エンジンマウント位置を従来より低くすることで低重心化、コーナリング時のハンドリング性だけでなく、静粛性も高めたという。

また、サスペンションやパワートレーンなどを自動制御する「テレインレスポンス2」や、エマージェンシーブレーキやレーンキープアシストといった先進運転支援システム、ボンネットを透過するようにフロントバンパー前を映し出す「クリアサイトグラウンドビュー」など、運転支援システムを標準装備している。

画像: マイナーチェンジを受けたランドローバー ディスカバリースポーツの2020年モデル。フロント部、リア部ともに外観のデザイン変更を受けた。

マイナーチェンジを受けたランドローバー ディスカバリースポーツの2020年モデル。フロント部、リア部ともに外観のデザイン変更を受けた。

パワートレーンは3種類ありいずれも2L直列4気筒ターボ。搭載するエンジンとグレード名が連動し、180ps/430Nmを発生するディーゼル仕様の「D180」、200ps/320Nmを発生するガソリン仕様の「P200」、249ps/365Nmを発生するガソリン仕様の「P250」となる。それぞれに装備の異なるモデルが用意されて、450万円(D180)〜701万円(Rダイナミック HSE P250)となる。

さて、このディスカバリースポーツは、ディスカバリーの弟分としてまたフリーランダー2の後継モデルとして日本で2014年に発売された、比較的コンパクトなSUVだ。価格帯(上記)は、ボディサイズの小さなレンジローバー イヴォーク(470万円〜)に近い。しかしイヴォークより全長で200mm以上も長く、3列7人乗りを選択できたり積載性に優れるなど、実用性と多用途性の高いモデルである。同じランドローバーブランドのSUVであるが、性格の違うこの2台を比較検討してみるのもおもしろそうだ。

ランドローバー ディスカバリースポーツ 車両価格

D180:513万円
S D180:576万円
Rダイナミック S D180:609万円
Rダイナミック SE D180:660万円
P200:450万円
S P200:513万円
SE P200:563万円
Rダイナミック S P250:589万円
Rダイナミック SE P250:639万円
Rダイナミック HSE P250:701万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.