2019年11月28日、プジョー・シトロエン・ジャポンがシトロエン ベルランゴ デビューエディション(Citroen BERLINGO Debut Edition)のオンライン予約注文 第二弾を2019年11月30日午前9時から受け付けると発表した。

注目の個性派MPV、ベルランゴを追加導入

2018年のジュネーブオートサロンでデビューするやいなや、欧州だけでなく日本のクルマファンをも虜にしたシトロエンの3代目ベルランゴ。ポリウレタン製の緩衝材「エアバンプ(Airbump)」をデザインとして取り入れた近年のシトロエンらしい個性的エクステリアと、広大な車内空間を併せ持つレジャーアクティビティビークルだ。

全幅は1800mmを超えて大柄な印象も受けるものの、ボディサイズは全長4403×全幅1848×全高1844mmという短めのにより取り回しはしやすそうだ。いちばんの特徴はラゲッジスペースの広さで、最大2126Lの積載容量を持ち最長2.7mの長尺物を収納することができるという。

このベルランゴが日本で2019年10月18日に発表、特別仕様車として「デビューエディション」が設定された。1.5L 直4ディーゼルターボエンジン(130ps/300Nm)+8速ATのパワートレーンが搭載されて、前輪を駆動(FF)する。アクティブクルーズコントロール(ストップ機能付き)やレーンキープアシストなどの先進運転支援システムも搭載して、車両価格は325万円となる。

画像: 2019年11月30日から、シトロエン ベルランゴ デビューエディションの予約注文の第2回めがはじまる。

2019年11月30日から、シトロエン ベルランゴ デビューエディションの予約注文の第2回めがはじまる。

10月18日の発表翌日からオンラインでの予約注文もはじまったが、開始早々わずか5時間半で満枠になってしまったという。あまりの人気ぶりにプジョー・シトロエン・ジャポンは急きょ生産枠を追加で確保して、販売する。その予約注文が2019年11月30日午前9時からはじまる。第1回め同様、早々に予約注文が満枠となる可能性もあるので、気になった人は準備しておいたほうがよさそうだ。

なおデリバリー開始だが、第1回めの予約注文分は2020年初旬から、今回の2回めの予約注文分は2020年春からを予定しているという。また、カタログモデルとしての本格導入は2020年第3四半期を予定している。

シトロエン ベルランゴ デビューエディション 主要諸元

●全長×全幅×全高:4403×1848×1844mm
●ホイールベース:2785mm
●エンジン型式・種類:直4 DOHC ディーゼルターボ
●排気量:1498cc
●最高出力:130ps/3750rpm
●最大トルク:300Nm/1750rpm
●トランスミッション:8速AT
●タイヤサイズ:205/60R16
●税込価格:325万円
※諸元値はすべて欧州仕様

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.