『何でも包めて、運べる、現代版「ふろしき」』

室町時代からその歴史は始まるという、日本の伝統文化「ふろしき」。

結び方次第でさまざまなモノを包み、手軽に持ち運ぶことができるオシャレでエコなアイテムとして、近年、再注目を浴びている。

画像: 素材はコットン100%の岡山倉敷産デニム地で、サイズは120×120㎝。ひとまわり小さい100×100㎝サイズもある。

素材はコットン100%の岡山倉敷産デニム地で、サイズは120×120㎝。ひとまわり小さい100×100㎝サイズもある。

画像: デニム生地は薄めで結びやすく、扱いやすい。フルフェイスヘルメットもすっぽり包めるので、出先で持ち歩きたい時に重宝しそうだ。 価格:1万5660円

デニム生地は薄めで結びやすく、扱いやすい。フルフェイスヘルメットもすっぽり包めるので、出先で持ち歩きたい時に重宝しそうだ。

価格:1万5660円

京都で100年以上続く老舗ふろしきメーカーの宮井株式会社から生まれた『EDOーSHIKI』は、現代のライフスタイルに合わせた新たなふろしきブランド。

日本で始めてジーンズを作った『BIGJOHN』とのコラボレーションによるデニムふろしきは、120㎝四方の大判サイズで、フルフェイスヘルメットも余裕で包める大きさだ。

工具入れとして持ち歩き、作業時の敷物にしたり、エプロン代わりに使ったりと、アレンジ次第で使い方は自由自在。

画像: 生地にはポケットとレザータグを配置。しずく型と呼ばれる結び方でバッグにすると、ちょうどジーンズのバックスタイルのように見える。

生地にはポケットとレザータグを配置。しずく型と呼ばれる結び方でバッグにすると、ちょうどジーンズのバックスタイルのように見える。

コンパクトに折り畳めるので、省スペースなエコバッグとしても便利だ。

お値段は少々高めだが、バイクライフをおしゃれに彩る実用的アイテムとして活躍してくれることは間違いない。

文:斎藤ハルコ 写真:松川 忍、南 孝幸 Model:梅本まどか

BIG JOHN✖︎EDO-SHIKI Denimふろしき DP-120

価格:1万5660円(税込)

EDOSHIKI公式ホームページ

月刊オートバイでは毎号、新製品チェック企画を行っています!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.