オリンパス株式会社は、レンズに関する2件の発表を行った。一つは価格改定のお知らせ。PROシリーズのレンズ10商品の値上げだ。もう一件は、最新のレンズロードマップの発表。3本のレンズがアップデートされた。

PROレンズの価格改定について

2020年2月1日より、オリンパスのPROシリーズレンズ10商品が値上げになる。「企業努力だけではコスト上昇を吸収できず、現行価格での販売が困難になってきた」との理由。値上がり幅は全体に一割強だが、高価格商品ほど値上がり幅が小さい。実売価格の推移を見る必要もあるが、購入予定がある場合は早めに入手したほうが良さそうだ。

対象の商品と新・旧希望小売価格(税込み)は次の通り。

◎M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO
旧価格 14万8500円
新価格 16万2250円

◎M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO
旧価格 18万1500円
新価格 19万8000円

◎M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO
旧価格 18万1500円
新価格 19万8000円

◎M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
旧価格 18万1500円
新価格 19万8000円

◎M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
旧価格 40万7000円
新価格 46万2000円

◎M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
旧価格 18万7000円
新価格 20万3500円

◎M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
旧価格 11万7700円
新価格 13万0625円

◎M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
旧価格 19万2500円
新価格 21万4500円

◎M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
旧価格 20万3500円
新価格 22万5500円

◎M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコンバーターキット
旧価格 22万8800円
新価格 25万1625円

レンズロードマップのアップデートについて

オリンパスは、マイクロフォーサーズの「M.ZUIKO DIGITAL レンズロードマップ」の最新情報を公開した。アップデートされたのは「ED 12-45mm F4.0 PRO」と「ED 100-400 F5.0-6.3 IS」の2機種。それから、焦点距離・明るさ不明の 「Telephoto Zoom Lens」(PROシリーズ・焦点レンジは40~150mmと思われる)が公開となった。

画像: 2019年11月28日現在のレンズロードマップ www.olympus.co.jp

2019年11月28日現在のレンズロードマップ

www.olympus.co.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.