日本映画史上初シリーズ「松竹ブロードウェイシネマ」第四弾『シラノ・ド・ベルジュラック』の初日が決定し、同時にポスタービジュアルが解禁となった。

ケヴィン・クライン、ジェニファー・ガーナー主演

ブロードウェイ再演版『シラノ・ド・ベルジュラック』は、エドモン・ロスタンによる戯曲であり、2007年にリチャード・ロジャース劇場で上演された。プレビュー公演は10月12日から始まり、オープニングは11月1日で翌年1月6日に幕を閉じた。トニー賞作品『NINE』、『屋根の上のヴァイオリン弾き』等でも有名な奇才デーヴィッド・ルヴォーが演出を務めている。1897年のエドモン・ロスタン戯曲を、アントニー・バージェス(『時計じかけのオレンジ』他)が脚色・脚本翻訳。主人公シラノ・ド・ベルジュラックをケヴィン・クラインが演じ、相手役ロクサーヌにジェニファー・ガーナーが、シラノに助けられる若者クリスチャンをダニエル・サンジャタ(『プラダを着た悪魔』他)が演じている。ファンの間でも伝説中の伝説となった演目とされている。

画像: © Carol Rosegg

© Carol Rosegg

その「リチャード・ロジャース劇場」で上演された『シラノ・ド・ベルジュラック』を特別に撮影し、今回の「松竹ブロードウェイシネマ」シリーズ第四弾として公開する運びとなったもの。
17世紀中頃のフランス・パリを舞台に、剣豪作家シラノの生死を賭けたロマンチックかつ悲恋物語。豪快なセリフ回しや“100人斬り”と言われるシーンでの見事な殺陣、演劇史に残ると言われるシラノがクリスチャンに成り代わってロクサーヌへの愛を語りあげるバルコニーシーンなど必見。また、ケヴィン・クライン、ジェニファー・ガーナー、演出デヴィッド・ルヴォー3人の計り知れないパワーが融合された舞台。それを余すことなくスクリーンでご堪能できるはず。熱中すべきは恋する自分の思いではなく、恋する相手の気持ちなのである。巧みな言葉で最愛の人に尽くすシラノへ、賛美の言葉を送らずにはいられない。世界中で大人気の『シラノ・ド・ベルジュラック』で、いつの時代も恋する者のひたむきさ、この悲恋劇の結末に涙を拭わずに目撃したい。本作品で是非、シラノと共に約2時間の「ラヴ・レター」に酔いしれてみよう。公開日は2020年3月13日(金)より東劇(東京)他全国順次公開となる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.