カーボンの軽さと強さをフル活用したパーツ群

バイク用カーボン外装パーツでは国内第一人者と言えるマジカルレーシング。

カーボン(CFRP=カーボン繊維強化プラスチック)だけでなくカーボン複合材やFRP(繊維強化プラスチック)にアクリル成型、ブルーミラーやスクリーンなど、多くの材料を元にした成形技術を駆使し、2/4輪用から産業用まで多くの製品を手がけてもいる。

バイク用ではボディ自体が強度を持った中空ボディ兼フレームでレンズは視界深度の深いブルーミラーによるカーボンモノコックミラーや、機種によってはハブ以外フルドライカーボンのBSTホイールもラインナップする。

だが、マジカルレーシングと聞いて一般ユーザーが最もなじみ深いのは、レースユースはもちろんのこと、「ストリートボディワーク」と名付けられた自製カーボン/FRP外装パーツ群だろう。

カワサキZ900RSについては燃料タンク以外のほとんどの外装に対しての設定がある。

画像: カーボンの軽さと強さをフル活用したパーツ群

単にカーボン製というだけでなく機能面にも十分な配慮がされ、ラジエーターシュラウドはコアへの導風と同時にサイドにも気流を流した上でフレームのネックまわりもカバーする構成。

リヤフェンダーはノーマルから8cm延長されて泥よけ/整流性を高めた上で、200サイズタイヤにも対応する幅を持たせている。

ほかにもフロントフェンダーはインナーチューブガード一体、バイザースクリーンもマウント部(一部アルミ)までカーボン成型(別体ステーを最小限でとどめる)など、複合樹脂素材の特徴=軽さだけでなく形状によって自身で支持剛性も持つなど=を活用した構造も魅力となっている。

なおホイールも前述のBSTカーボン(7本スポークのブラックマンバ。3.50-17/6.00-17セットで税抜56万円)がZ900RS用に用意され、全身ほぼカーボン化も楽しめる設定だ。

Detailed Description詳細説明

画像: ネイキッドモデルで重宝されるスクリーンバイザーの左右端はミラー基部に向かった後に折り返し、本体をマウントに活用している。ミラーボディもカーボンモノコック。ラジエーターシュラウドがフレームネック(タンク前下)をカバーしていることも分かる。

ネイキッドモデルで重宝されるスクリーンバイザーの左右端はミラー基部に向かった後に折り返し、本体をマウントに活用している。ミラーボディもカーボンモノコック。ラジエーターシュラウドがフレームネック(タンク前下)をカバーしていることも分かる。

画像: スクリーンバイザーはヘッドライトナセル上半分を覆った上でヘッドライトマウントとハンドルクランプでマウント(本体端のカーボン部が折り返されて伸び、ハンドルクランプからの短めのステーに接続される)。ハンドルバーもマジカルの自社カーボンテーパーで写真のTYPE-1はハンドル高低差68mm/絞り角23度のスポーティバージョン。高低差90mm/絞り角25度でリラックス版のTYPE-2もある。

スクリーンバイザーはヘッドライトナセル上半分を覆った上でヘッドライトマウントとハンドルクランプでマウント(本体端のカーボン部が折り返されて伸び、ハンドルクランプからの短めのステーに接続される)。ハンドルバーもマジカルの自社カーボンテーパーで写真のTYPE-1はハンドル高低差68mm/絞り角23度のスポーティバージョン。高低差90mm/絞り角25度でリラックス版のTYPE-2もある。

画像: フロントフェンダーはカーボン左右一体成形のフォークガード(ノーマルでは左右別々の別体ステー)からフェンダーを吊る構成だ。

フロントフェンダーはカーボン左右一体成形のフォークガード(ノーマルでは左右別々の別体ステー)からフェンダーを吊る構成だ。

画像: チェーンガード一体のリヤフェンダーはノーマルから8cmロングでリヤショックなどへの泥よけ性を高め、200サイズタイヤにも対応。

チェーンガード一体のリヤフェンダーはノーマルから8cmロングでリヤショックなどへの泥よけ性を高め、200サイズタイヤにも対応。

画像: テールカウルもカーボンで、その下に覗くのはカーボン製フェンダーレスキット。立体造形によって本体での支持剛性を高めている。

テールカウルもカーボンで、その下に覗くのはカーボン製フェンダーレスキット。立体造形によって本体での支持剛性を高めている。

画像: ラジエーターシュラウドはサイドセクションの前後を長くし面積も広め、後ろ半分端が外に広がるようにして膝まわりへの気流を整流。

ラジエーターシュラウドはサイドセクションの前後を長くし面積も広め、後ろ半分端が外に広がるようにして膝まわりへの気流を整流。

画像: シートサイドカバーはZ900RSノーマルのインジェクションカバーとサイドカバーを一体化。写真のダクトありと同なしの設定がある。

シートサイドカバーはZ900RSノーマルのインジェクションカバーとサイドカバーを一体化。写真のダクトありと同なしの設定がある。

画像: アンダーカウルは純正マフラー対応で、写真はKファクトリーチタンフルエキ装着のため、一部加工が施されている。オイルキャッチ構造ではないがドレスアップにも好適なアイテム。

アンダーカウルは純正マフラー対応で、写真はKファクトリーチタンフルエキ装着のため、一部加工が施されている。オイルキャッチ構造ではないがドレスアップにも好適なアイテム。

取材協力:マジカルレーシング

記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ

カスタムとメンテナンスのことならおまかせ!

ヘリテイジ&レジェンズが取材した、いま話題のカスタムバイクはこちら!

月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』1月号、好評発売中!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.