その名は「violante」、ローマ生まれのYARD BUILTカスタム

画像1: www.eicma.it
www.eicma.it

今回のEICMAには実にたくさんの注目モデルが出展されていました。このサイトでもたくさん紹介したので「さすがにもう終わりでしょ?」とお思いの方も多いと思いますが…。

まだあるんです! 注目のモデル!

ということでご紹介するのがこのバイク。一見すると何がベースか分かりません。何となーくですが、XSR700をベースにしているっぽいことは分かりますが…。

画像1: www.facebook.com
www.facebook.com

このバイクの名前は「violante」。作ったのはイタリア・ローマにあるカスタムビルダー、ガレージ221。実はこのバイク、EICMA開幕直前の10月24日に、ローマで開催された欧州ヤマハのイベント「XT Tribute night」でお披露目されたYARD BUILTカスタムなのです。

XSR700をベースに往年のスクランブラーテイストを再現

画像2: www.eicma.it
www.eicma.it

XSR700をベースにブロックパターンのファットなタイヤを履かせて車高もアップ、これに70年代を想わせる、クラシックトレール車風の外装をマッチングさせた、なんとも味わい深い1台です。

画像2: www.facebook.com
www.facebook.com

ゼッケンの「221」は221ガレージのロゴを入れたもの。クラシックトレール風のメーターバイザーですが、ヘッドライトはしっかりLEDとして、最新のカスタムであることを主張。

画像3: www.facebook.com
www.facebook.com

見たところ、エンジンはXSR700のまま、ノーマルのCP2ユニットのようですが、ラジエターカバーにはこのように「violante」の車名ロゴがさりげなくあしらわれています。

画像4: www.facebook.com
www.facebook.com

スクランブラータイプのアップマフラーは、なんとSCプロジェクト製。てっきりワンオフかと思いましたが、信頼度の高いブランドのアイテムを採用しているあたりはさすがYARD BUILT。

画像5: www.facebook.com
www.facebook.com

タイヤはコンチネンタル製。ブレーキはウェーブディスクにブレンボのラジアルマウントキャリパーを組み合わせたもので、足回りはなにげに豪華です。

とまあ、探せば探すほど特ダネバイクが出てくる今回のEICMA 2019。ショーの模様は間もなく発売の月刊オートバイ2020年1月号をじっくり見てください!

PHOTO:EICMA、221garage

おすすめ関連記事

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.