2019年11月22日、レクサスはブランド初の電気自動車(EV)となるUX300eを、中国で開催中の広州モーターショーに出展することを公表した。

航続距離400kmのEV、レクサス UX300eを2021年に日本発売予定

クルマの電動化……なかでも電気自動車(EV)の普及を官民一体となって推し進めている中国市場。その中国の三大都市のひとつであり、工業都市として発展してきた広州で2019年11月25日から「広州モーターショー(Guangzhou International Automobile Exhibition)」が一般公開される。世界各国の自動車メーカーが、この巨大市場に向けてどんな電動化施策を打って出るのか注目が集まっている。

そして一般公開を目前に控えた2019年11月22日、レクサスがブランド初の電気自動車「UX300e」を広州モーターショーに出展することを発表した。ハイブリッド車の開発で培ったモーター制御技術を、パワートレーンだけでなくハンドルや足まわり、ブレーキなどの統合制御に応用することで、UXの個性的デザインや車両としての利便性はそのままに、より安全でコントローラブルなクルマを目指したという。

画像: 広州モーターショーで公開されるレクサスUX300e。給電ソケットは左右両方にある。

広州モーターショーで公開されるレクサスUX300e。給電ソケットは左右両方にある。

電気自動車にとって要となる駆動用バッテリーは床下に配置されて低重心化と前後重量配分の最適化、また大容量バッテリーの採用により航続距離400kmを実現している。EV特有の途切れのない加速フィールは上質感を演出し、さらに床下のバッテリーを遮音壁として機能させることで風切り音を含む走行ノイズの低減、静粛性を高めることに成功している。

また、低温/高温時でも正常に動作するバッテリー温度調整機能や過充電防止システムなど、多重監視のセーフネットにより高い信頼性を実現したという。

なおレクサス UX300eはまず中国や欧州などで2020年以降に発売、その後2021年前半に日本での発売を予定しているという。

画像: 広州モーターショーで公開されるレクサスUX300eのバッテリーは床下に配置される。

広州モーターショーで公開されるレクサスUX300eのバッテリーは床下に配置される。

レクサス UX300e モーター主要諸元

型式:4KM
最高出力:204ps
最大トルク:300Nm

レクサス UX300e バッテリー主要諸元

種類:リチウムイオンバッテリー
容量:54.3kWh
航続距離:400km(NEDC準拠)
充電電力(普通充電/AC):最大6.6kW
充電電力(急速充電/DC):最大50kW

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.