2019年11月20日、ポルシェ初のEV(電気自動車)「タイカン」が日本初公開された。今回の撮影車はヨーロッパ仕様だが、まずはそのディテールを写真で見ていこう。

タイカンはポルシェの伝統と革新の融合

タイカンのスタイリングは、4ドアスポーツクーペだ。フライラインと呼ばれるポルシェ伝統のクーペ風シルエットは、フラッグシップであるパナメーラより911に近い。マトリックス4灯式LEDヘッドライトによる顔つきは新しいポルシェ風。エンジンレスなので低くできたボンネットと盛り上がったフェンダーとの高低差はクラシックポルシェ風。と、ポルシェの伝統と革新を融合させたデザインだ。

インテリアも、デザインはポルシェの伝統を踏襲しているが、ポルシェ初のフルデジタル式のメータークラスター、ボイスコントロールによるコネクティッド機能の「ポルシェ コネクト」などを装備。また、ポルシェ初のレザーフリーインテリアなど、サステイナブルな素材を採用して地球環境に配慮している。

バッテリーは床下に搭載し、前後に2基のモーターを搭載したAWDだ。モーターのパワー差によって、ターボS、ターボ、4Sの3グレードが設定されている。トップグレードのターボSは最大761psを発生し、0→100km/h加速は2.8秒! 日本仕様の価格は未定だが、詳細は「期間限定タイカン予約プログラム」まで。日本へのデリバリー開始は、2020年後半の予定だ。

ポルシェ タイカン ターボ(パフォーマンスバッテリープラス) 主要諸元(ヨーロッパ仕様)

●全長×全幅×全高:4963×1966×1381mm
●ホイールベース:2900mm
●重量:2305kg
●パワーユニット:永久磁石シンクロナスモーター×2
●最高出力:最大460kW<625ps>
 オーバーブースト出力(ローンチコントロール時)は最大500kW<680ps>
●最大トルク(ローンチコントロール時):850Nm<86.7kgm>
●トランスミッション:2速AT
●駆動方式:AWD
●航続距離:386-463km
●タイヤサイズ:前265/35ZR21、後305/30ZR21
●税込価格:未定

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.