伊藤真一さんにホンダのオートバイを思う存分乗り尽くしてもらい、新しい魅力を発見するロングラン研究所。2019年に印象に残ったというバイクを一台ずつ紹介していきます!

CBR1000RR SP/鈴鹿8耐ライダーの気分が味わえる1台!

画像1: CBR1000RR SP/鈴鹿8耐ライダーの気分が味わえる1台!

CBR1000RR SPは外観からは2017年のデビュー時から特に何も変わっていないと思う人が多いでしょうが、17、18、19年型と電子制御など細かいところが変わっています。

SPのオーリンズの電子制御サスペンションは微小ストロークの動きがとても良いので、路面状況の悪いところでも楽に走ることができます。作動性の良さはレースはもちろん、公道走行でもそのメリットを感じることができました。

画像2: CBR1000RR SP/鈴鹿8耐ライダーの気分が味わえる1台!

ブレンボ製のフロントブレーキはタッチが良くて、指1本でコントロールできます。ABSの出来栄えは素晴らしく、スポーツ走行をしていてもその介入が違和感なく仕上がっています。

ライディングポジションは前傾が強いですが、リッタースポーツの中ではツーリングにも使える方で、概ね乗りやすいと言えると思います。

画像: CBR1000RR SPに採用された、オーリンズ・スマートECシステム。前後サスペンションは各制御ユニットからの情報をサスペンションコントロールユニットが分析。常に最適な設定を乗り手に提供する。

CBR1000RR SPに採用された、オーリンズ・スマートECシステム。前後サスペンションは各制御ユニットからの情報をサスペンションコントロールユニットが分析。常に最適な設定を乗り手に提供する。

画像: 軽量化・マス集中化をねらい、採用されたチタン製マフラー。なお内部には可変排気バルブが備わっている。「新型は排気音がとても良いですね」と、伊藤さんもお気に入りポイントのひとつとしてピックアップ。

軽量化・マス集中化をねらい、採用されたチタン製マフラー。なお内部には可変排気バルブが備わっている。「新型は排気音がとても良いですね」と、伊藤さんもお気に入りポイントのひとつとしてピックアップ。

撮影:松川 忍/まとめ:宮崎健太郎

ホンダ CBR1000RR SPの主なスペックと価格

全長×全幅×全高:2065×720×1125㎜
ホイールベース:1405㎜
シート高:820㎜
車両重量:195kg
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ直列4気筒
総排気量:999cc
ボア×ストローク:76.0×55.1㎜
圧縮比:13.0
最高出力:192PS/13000rpm
最大トルク:11.6kg-m/11000rpm
燃料タンク容量:16L
キャスター角:23゜20 ′
トレール量:96㎜
タイヤサイズ:120/70ZR17・190/50ZR17
ブレーキ形式:ダブルディスク・ディスク
メーカー希望小売価格(消費税10%込):254万1000円

ホンダ 公式サイト

おすすめ関連記事

月刊『オートバイ』では毎号、伊藤真一さんのインプレをお楽しみいただけます。

オートバイ 2019年12月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2019-11-01)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.