2019年のMoto2を制したアレックス・マルケス選手が2020年レプソル・ホンダ・チームからMotoGPクラスに参戦

ホンダ・レーシング(HRC)が、FIMロードレース世界選手権Moto2クラス2019年チャンピオンのアレックス・マルケス選手(23歳 スペイン)と2020年からの1年契約に基本合意し、ワークスチームライダーとして「レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)」から、MotoGPクラスに参戦することを発表しました。

画像1: 2019年のMoto2を制したアレックス・マルケス選手が2020年レプソル・ホンダ・チームからMotoGPクラスに参戦

アレックス・マルケス選手は、2012年にFIMロードレース世界選手権Moto3クラスに参戦し、2014年には同クラスのチャンピオンを獲得。翌2015年にMoto2クラスへ昇格し、2019年には同クラスのチャンピオンを獲得しました。

画像2: 2019年のMoto2を制したアレックス・マルケス選手が2020年レプソル・ホンダ・チームからMotoGPクラスに参戦

なお、アレックス・マルケス選手の兄は、2019年FIMロードレース世界選手権MotoGPクラスチャンピオンのマルク・マルケス選手であり、これにより2020年のレプソル・ホンダ・チームは、マルケス兄弟でのMotoGPクラス参戦となります。

画像: 兄のマルク・マルケス選手(写真中央)

兄のマルク・マルケス選手(写真中央)

写真:ホンダ

ホンダ MotoGP 公式サイト

おすすめ関連記事

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.