よりアグレッシブになった「1290 SUPER DUKE R」2020年モデル!

画像1: よりアグレッシブになった「1290 SUPER DUKE R」2020年モデル!

KTMは先日のEICMA2019で発表した「890DUKE R」や「390 ADVENTURE」以外にも「1290 SUPER DUKE R」の2020モデルも公開しました!

画像2: よりアグレッシブになった「1290 SUPER DUKE R」2020年モデル!

KTMスポーツバイクのフラッグシップといえる「1290 SUPER DUKE R」2020モデルは、デザインもよりシャープさを増し、アグレッシブなスタイリングが目を引きますが、フレームやエンジン、性能面など様々な改良が実施されました。

画像: ※写真は1290 SUPER DUKE R(2020年)プロトタイプのものです

※写真は1290 SUPER DUKE R(2020年)プロトタイプのものです

さらなる剛性アップのためにフレームを新設計し、エンジンもリファイン。改良されたLC8エンジンはさらにパワーを向上させ、車重も乾燥重量比で約-6kgも軽くなりました。

KTMでは1290 SUPER DUKE Rで初めて片持ちスイングアームを採用しましたが、2020モデルではその片持ちスイングアームの形状も新しくなっており、さらにリアショックがリンク式に変更されています。

新型1290 SUPER DUKE Rと現行モデルを比べて見る

画像: 新型1290 SUPER DUKE R(2020年モデル)

新型1290 SUPER DUKE R(2020年モデル)

画像: 現行モデルの1290 SUPER DUKE R(2019年)

現行モデルの1290 SUPER DUKE R(2019年)

現行モデルと比べるとメインとなるトラリスフレーム、特にサブフレームが大きく変更されています。シート形状もよりスポーティで厚みが薄くなっているのが見て取れます。

ヘッドライトやミラー形状などは変更されていないようですが、タンクシュラウドの形も変わってます。マフラーやエキパイの取り回し、タンデムステップやリアフェンダーの形状も変更され、よく見るとフルモデルチェンジに近いほどバージョンアップされていますね。

さらに様々な角度から新型のスタイリングとカラーリングを見てみましょう。

「1290 SUPER DUKE R」Styling

画像1: KTM 1290 SUPER DUKE R(オレンジ)

KTM 1290 SUPER DUKE R(オレンジ)

画像2: KTM 1290 SUPER DUKE R(オレンジ)

KTM 1290 SUPER DUKE R(オレンジ)

画像3: KTM 1290 SUPER DUKE R(オレンジ)

KTM 1290 SUPER DUKE R(オレンジ)

画像1: KTM 1290 SUPER DUKE R(ブラック)

KTM 1290 SUPER DUKE R(ブラック)

画像2: KTM 1290 SUPER DUKE R(ブラック)

KTM 1290 SUPER DUKE R(ブラック)

画像3: KTM 1290 SUPER DUKE R(ブラック)

KTM 1290 SUPER DUKE R(ブラック)

<SPEC>
エンジン:水冷4スト75°V型2気筒
ボア×ストローク:108mm×71mm
総排気量:1301cc
最高出力:132 kW
最高トルク:140 Nm
シート高:835mm
車体重量:189kg(乾)
燃料容量:16L
変速機:常時噛合式6速リターン
価格&日本導入時期:未定

日本導入時期や価格は現時点では未定ですが、「890DUKE R」や「390 ADVENTURE」共々、KTMの2020年モデルは今から発売が楽しみですね!

詳しい情報が入り次第、webオートバイやオートバイ本誌等でご紹介いたします!

新型「1290 SUPER DUKE R」プロモーションビデオはこちら!

画像: The latest evolution of THE BEAST is on the horizon! | KTM www.youtube.com

The latest evolution of THE BEAST is on the horizon! | KTM

www.youtube.com

KTM 公式ホームページ

KTM の関連記事はこちら!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.