超大作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が2019年12月20日(金)に日米同時公開となる。このたび、究極のフィナーレを飾るに相応しい来日キャンペーンが決定。

全人類が待ち望んだ映画を超えた史上空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」。1977年に『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が全米で公開されてから42年。永きに渡り紡がれてきた伝説と呼べる唯一の映画の完結編であり、スカイウォーカー家の物語を描く最後の「スター・ウォーズ」。

世界中のファンが、この完結編を迎えることに一抹の寂しさを抱えながらもその完成を心待ちにしている本作だが、このたび、究極のフィナーレを飾るに相応しい来日キャンペーンが決定。歴史を持つ偉大な作品を完結させることになるJ.J.エーブラムズ監督を筆頭に、レイ役のデージー・リドリー、フィン役のジョン・ボイエガ、ポー・ダメロン役のオスカー・アイザック、そして「スター・ウォーズ」シリーズ全作品に登場するレジェンド的存在C-3PO役のアンソニー・ダニエルズ、プロデューサーでルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディーの豪華一行が日本にやってくる。ついに歴史に幕を閉じる本作公開に向けての、最後の来日が決定したことについて、アンソニー・ダニエルズは「日本へ行くのはいつも嬉しいよ!フォースとともにあらんことを!」と日本のファンに歓喜のメッセージを寄せている。

画像: 「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日決定 デイジー・リドリー youtu.be

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日決定 デイジー・リドリー

youtu.be
画像: 「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日決定 ジョン・ボイエガ youtu.be

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日決定 ジョン・ボイエガ

youtu.be

ルーカスフィルムと監督のJ.J.エーブラムズが、スカイウォーカー家の物語が結末を迎える『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』で再び世界中のファンを、はるかかなたの銀河系への旅へと誘う。
『フォースの覚醒』のプロモーション以来約4年ぶりの来日となるデージー・リドリーは「日本のみなさん、こんにちは。日本に行くのが待ちきれないわ!」と日本のファンにメッセージを寄せ、来日をとても楽しみにしている様子。さらに約1年半ぶりに来日するジョン・ボイエガは「12月に日本の皆さんに会えるのを楽しみにしているよ!」と大興奮のコメント。そして「スター・ウォーズ」シリーズ全作品に出演している唯一のキャストとなるC-3POを演じるアンソニー・ダニエルズは、「スター・ウォーズ」のプロモーションだけでも数えきれない程の回数で来日を果たしており、完結を迎える本作で来日できることについても、「僕は日本の『スター・ウォーズ』ファンととてもたくさん楽しい時間を過ごしてきた。日本へ行くのはいつも嬉しいよ。日本で感じる興奮は、僕を気持ちよくしてくれるんだ。以前、ジョン・ウィリアムズの『スター・ウォーズ・イン・コンサート』や『スター・ツアーズ』のオープニングのために日本へ行った。僕は本作でも日本に行くことができてとても嬉しいよ。(日本語で)“フォースとともに、あらんことを”」と喜びを語り、ファンにメッセージを送った。彼らは12月11日(水)に行われるスペシャル・ファンイベントへの登壇など、直接日本のファンと交流する機会を予定している。最後の「スター・ウォーズ」での豪華キャスト陣の来日に、日本中のファンが歓喜と熱狂の渦に包まれることは間違いないだろう。

銀河を巻き込み、壮大なスケールで描かれてきたスカイウォーカー家の、愛と喪失の物語──
先日解禁された“最後の予告編”では、銀河系すべての悪の根源である暗黒卿パルパティーンによる「終わりが始まる」という意味深なセリフや、人気ドロイドC-3POの「最後にもう一度だけ
友人たちに」という、仲間たちへ別れを告げるかのようなセリフ、そして、光と闇を受け継いたレイとカイロ・レン、世代を超えた“光と闇の戦い”の行き着く先への謎──随所に完結を感じさせ、ファンならずとも公開への期待が大きく高まっている。長きに渡り語り継がれてきた伝説の<完結編>、終わりが始まる。スカイウォーカー家を中心とした壮大な物語の結末とは?『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は12月20日(金)全国公開。

(C)2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.