ムルティストラーダは世界中にファンが多いドゥカティのアドベンチャーバイクだ。1260モデルを頂点にするファミリーにあって好調なのが950。その950の2019年モデルはフェイスデザインもアップデートされ、さらに上級モデル同等の装備を持つ「950S」も登場した。

電子制御を満載したドゥカティADVの真打ち

画像1: 電子制御を満載したドゥカティADVの真打ち

4台分の機能を1台に。街乗りバイクであり、旅バイクであり、スポーツバイクでもあって、ダートも楽しめる。それがムルティストラーダのコンセプト。そのミドルライン「950」が2019年モデルはフェイスリフトを行い、全体のデザインもアップデートされた。さらに各所をブラッシュアップしたアップグレードモデル「950S」も登場した。

先代モデルとの大きな違いは、クラッチを使用せずにシフトダウンを行ない、さらに効果的なブレーキングを可能にする「DQS」(ドゥカティ・クイック・シフト・アップ&ダウン)を新採用。その他、「ドゥカティ・スカイフック・サスペンション」や、クルーズコントロール、ボッシュ製の「コーナリングABS」などを装備しているところだ。

ムルティストラーダの真骨頂とも言える「4 Bikes in1」を可能にしたのがライディングモード設定。電子制御でエンジン特性、ABS、トラクションコントロールの介入度、そして場面にあったダンパー特性に変わるセミアクティブサスにより、場面展開に合わせた乗り味に変化させることができる。

画像2: 電子制御を満載したドゥカティADVの真打ち

950Sはフロントに19インチ、リアに17インチタイヤを履き、スカイフックサスペンションと相まって、市街地の荒れた路面でもスムーズに吸収してくれるので乗り心地がとても良い。特に低速からの軽快なハンドリングは軽快そのもの。そこに上質になった乗り味と、アップグレードされたブレーキ回りの上質な操作感が加わり、ぐっと大人びた印象だ。

さらにモード変更によってサスペンションとアクセルレスポンスが変化し、走りのシャープさが増すような印象だ。先代モデルの950のコンベンショナルなサスも決して悪くなかったが、適宜ダンパーの速度を調整してくれるセミアクティブサスは、ハードブレーキングでも安定感がとても高い。無駄な動きを完全に抑えつつ、路面をしっかり捉えてくれるのだ。

舗装の荒れや朝露で濡れた森の中の道も安心して楽しめた。ムルティシリーズのなかでもぐっと魅力的な一台となった950シリーズ。これで上位モデルの1260より価格は80万円以上安い設定だ。これはムルティシリーズの真打ち登場と言えるだろう。

文:松井 勉

画像: パーソナライズ・パッケージ、つまりセットオプションのツーリング・パックを950Sに装着。デザイン統一感はさすが純正だ。

パーソナライズ・パッケージ、つまりセットオプションのツーリング・パックを950Sに装着。デザイン統一感はさすが純正だ。

ムルティストラーダ 950/S Detailチェック!

画像: 5インチのTFTカラーモニターも1260S同様の装備。ライディングモードの設定画面などの表示もされる。回転計も数字が拡大されるてとても見やすかった。

5インチのTFTカラーモニターも1260S同様の装備。ライディングモードの設定画面などの表示もされる。回転計も数字が拡大されるてとても見やすかった。

画像: テスタストレッタ11°というミドル回転域のトルク特性を重視したオーバーラップを持つカムを採用した950用エンジン。ツアラーとしての性能を十分に発揮する。

テスタストレッタ11°というミドル回転域のトルク特性を重視したオーバーラップを持つカムを採用した950用エンジン。ツアラーとしての性能を十分に発揮する。

画像: φ48mm径のインナーチューブを持つフロントフォーク。320mm径のブレーキプレートは同様だが950用ブレーキキャリパーはモノブロックとなり質感も高い。

φ48mm径のインナーチューブを持つフロントフォーク。320mm径のブレーキプレートは同様だが950用ブレーキキャリパーはモノブロックとなり質感も高い。

画像: DQS、ドゥカティ・クイック・シフトと名付けられたオートシフターは、シフトアップ、ダウンともにクラッチ操作レスで変速が可能。

DQS、ドゥカティ・クイック・シフトと名付けられたオートシフターは、シフトアップ、ダウンともにクラッチ操作レスで変速が可能。

画像: スカイフックが装備された電子制御セミアクティブサスは、左フォークがダンパー機能を、右フォークがスプリング機能を担う。プリロードは手動で調整するタイプとなる。

スカイフックが装備された電子制御セミアクティブサスは、左フォークがダンパー機能を、右フォークがスプリング機能を担う。プリロードは手動で調整するタイプとなる。

画像: リアはプリロードも含め電子制御される。170mmのストロークはフロント同様。セミアクティブになりストロークの描き方が適宜に変わるので扱いやすい。

リアはプリロードも含め電子制御される。170mmのストロークはフロント同様。セミアクティブになりストロークの描き方が適宜に変わるので扱いやすい。

RIDING POSITION ライダー身長:183㎝・体重:83㎏

画像1: RIDING POSITION ライダー身長:183㎝・体重:83㎏

950/Sは840mmの標準シートで販売される。820mmのローシートに対し、身長165㎝のライダーも足つきは標準シートのほうが幅が狭く安心感があると語っていた。幅広のローシートより足つき感が良かった。

画像2: RIDING POSITION ライダー身長:183㎝・体重:83㎏

COLOR VARIATION

レッドとグロッシーグレイの二色が選択可能。本国ではスポークホイール仕様も用意される。日本ではオプションでホイールを交換する方式を採用。

画像1: COLOR VARIATION

レッド

画像2: COLOR VARIATION

グロッシーグレイ

画像: 左は標準装備のキャストホイール、右はツーリング・パックを装備したスポークホイール仕様。スポークホイールはオプションとして選択可能だ。フロント19インチのためオフロード用タイヤの選択肢も多い。

左は標準装備のキャストホイール、右はツーリング・パックを装備したスポークホイール仕様。スポークホイールはオプションとして選択可能だ。フロント19インチのためオフロード用タイヤの選択肢も多い。

<SPECIFICATIONS>
全長×全幅×全高 NA×NA×NA mm
ホイールベース 1594㎜
シート高 840㎜(オプションシート820/860mm)
車両重量 227㎏(STD)、230kg(S)
エンジン形式/総排気量 テスタストレッタL型2気筒デスモドロミック4バルブ水冷/937㏄
ボア×ストローク/圧縮比 94×67.5㎜/12.6
最高出力 113PS/9000rpm
最大トルク 9.8㎏-m/7750rpm
燃料供給方式 FI
燃料タンク容量 20L
キャスター角/トレール量 25度/106㎜
変速機形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ320㎜ダブルディスク・φ265㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後 120/70ZR19・170/60ZR17
価格:ムルティストラーダ 950 
 173万6000円(レッド)※受注生産
ムルティストラーダ 950 S
 196万5000円(レッド)
 200万5000円(グロッシー・グレイ)

Ducati最新の関連記事はこちら!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.