俳優エドワード・ノートンが監督・脚本・製作・主演を務める『Motherless Brooklyn(原題)』が『マザーレス・ブルックリン』の邦題で、2020年1月10日(金)より全国公開されることが決定した。

古典的なスタイルで現代にも繋がる社会的なテーマを描く

本作の舞台は、1957年、ニューヨーク。障害を抱えながらも驚異の記憶力を持つ私立探偵のライオネル・エスログは、人生の恩人であり唯一の友人でもあるボスのフランク・ミナが殺害された事件の真相を追い始める。

ウイスキーの香りが漂うハーレムのジャズ・クラブからマイノリティの人々が集うブルックリンのスラム街まで、僅かな手掛かりと天性の勘と行動力を頼りに大都会の堅く閉ざされた闇に迫っていく。やがて、腐敗した街で最も危険な黒幕に辿り着くが・・・。

監督・脚本・製作・主演を務めたのは、『真実の行方』『アメリカン・ヒストリーX』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でアカデミー賞®にノミネートされた、ハリウッドを代表する演技派俳優エドワード・ノートン。本作では一風変わったキャラクターを演じつつ、初めてシナリオに挑戦し、約20年振りにメガホンも取るなど、プロデュースも含めて1人4役の活躍を見せている。

また、『ダイ・ハード』シリーズのブルース・ウィリス、『美女と野獣』のググ・バサ=ロー、『ミッション:インポッシブル』シリーズのアレック・ボールドウィン、『スパイダーマン』シリーズのウィレム・デフォーなど、超豪華な実力派俳優陣が脇を固めている。

さらに、全米批評家協会賞を受賞したジョナサン・レセムが手掛けた原作から、1999年の時代設定を1957年に変更し、グラミー賞を受賞したレディオヘッドのトム・ヨークが提供したオリジナル・ソングは、ロック界の帝王レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーや、ジャズ界の大御所ウィントン・マルサリスも参加している。

公開決定にあわせてポスター・ビジュアルも解禁。ニューヨークの象徴ブルックリン・ブリッジを背に立つエドワード・ノートン演じる主人公ライオネル。彼を取り巻くフランク(ブルース・ウィリス)、ローラ(ググ・バサ=ロー)、モーゼス(アレック・ボールドウィン)、ポール(ウィレム・デフォー)といった登場人物達が、1950年代のフィルム・ノワールの雰囲気をまとい、良質な重厚感を匂わせるポスターとなっている。

トロント国際映画祭を始め、ローマ映画祭&テルライド映画祭&ニューヨーク映画祭などで高く評価され、当時の犯罪映画を彷彿とさせる古典的なスタイルで、現代にも繋がる社会的なテーマを描いたアメリカン・ノワールの誕生だ。

マザーレス・ブルックリン
2020年1月10日(金)新宿ピカデリー他、全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.