クルマ擬人化マンガ「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」…略して「ウチクル!?」の第38話。今回の主人公は電動開閉式ルーフのアクティブトップも持つ軽オープン、初代「ダイハツ コペン(L880K)」だ。漫画:鈴木秀吉

ウチクル!?第38話「ダイハツ 初代コペン(L880K)がこんなに可愛いわけがない!?」

画像1: ウチクル!?第38話「ダイハツ 初代コペン(L880K)がこんなに可愛いわけがない!?」
画像2: ウチクル!?第38話「ダイハツ 初代コペン(L880K)がこんなに可愛いわけがない!?」
画像3: ウチクル!?第38話「ダイハツ 初代コペン(L880K)がこんなに可愛いわけがない!?」
画像4: ウチクル!?第38話「ダイハツ 初代コペン(L880K)がこんなに可愛いわけがない!?」

ウチクル!?のバックナンバーはこちら

ダイハツ 初代コペン/L880K(2002年6月19日発表)

1999年の東京モーターショーで軽自動車のオープンカーを意味する「KOPEN」というコンセプトカーで登場し、2002年にCOPENとして発売された。その名には「Compact+Open Car」や「CoupeとOpenの良さをもつ」といった意味がある。最大の特徴であるアルミ製ルーフの開閉機能は、ロックと解除を手動で行い、開閉の動作を電動油圧ポンプで行うものでおよそ20秒かかった。ちなみに、軽自動車として最後の直4エンジン搭載モデルとして知られる。

画像: 初代ダイハツ コペンの、丸や曲線を多用された可愛らしいデザインは女性からも支持されていた。

初代ダイハツ コペンの、丸や曲線を多用された可愛らしいデザインは女性からも支持されていた。

ダイハツ 初代コペン アクティブトップ(L880K) 主要諸元

●全長×全幅×全高=3395×1475×1245mm
●ホイールベース=2230mm
●車両重量=830kg
●エンジン=直列4気筒 DOHCターボ
●排気量=659cc
●最高出力=64ps/6000rpm
●最大トルク=110Nm/3200rpm
●トランスミッション=5速MT
●駆動方式=FF
●車両価格=149万8000円(発売当時)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.