本誌9月号で募集した「創刊500号記念 モニター&プレゼント」の当選者が決まり、編集部にモニター報告がかえってまいりました。さて、当選者の皆様は、どのように使っていただいているのでしょうか? 第二弾は、「富士フイルム」「スリック」「タムロン」の3機種のモニター報告です。

富士フイルム X-T30 18-55mmレンズキット

画像: 富士フイルムX-T30と、キットレンズのXF18-55mm F2.8-4 R OIS

富士フイルムX-T30と、キットレンズのXF18-55mm F2.8-4 R OIS

◎モニター報告:大阪府豊中市・増田 智 様

 今回、富士フイルムX-T30を使用するにあたって、一番やりたかったことは「フィルムシミュレーション」です。早速ファンクションボタンにこの機能を割り当てました。普段はプロビア、風景はベルビアなど、もっといろいろ試して自分のお気に入りを見つけていきたいと思います。

 使用していて特に使いやすいと感じたのは8方向レバーです。見なくても間違わずに操作することができました。逆に、SDカードを抜く動作が少しやりづらいと感じました。

 このカメラに限ったことではないのですが、私はペットを飼っていますので、将来的に全てのカメラに動物の瞳を認識する機能が搭載されるようになれば嬉しく思います。

 今回はキットの標準ズームのみでの撮影だったので、もっと望遠域が欲しいと思うことが多くありました。今後は便利な高倍率ズームXF18-135mmF3.5-5.6と、月カメ5月号「間違いだらけのレンズ選び!」でプロの皆さんが絶賛していたXF35mmF1.4を購入し、撮影をさらに楽しみたいと思います。

画像: ■焦点距離55mm 絞りF4 1/80秒 ISO 1000

■焦点距離55mm 絞りF4 1/80秒 ISO 1000

画像: ■焦点距離42.5mm 絞りF4 1/60秒 ISO 1000

■焦点距離42.5mm 絞りF4 1/60秒 ISO 1000

画像: ■焦点距離26.5mm 絞りF3.2 1/1000秒 ISO 400

■焦点距離26.5mm 絞りF3.2 1/1000秒 ISO 400

画像: ■焦点距離18mm 絞りF5 1/105秒 ISO 400

■焦点距離18mm 絞りF5 1/105秒 ISO 400

画像: ■焦点距離18mm 絞りF5.6 1/180秒 ISO 400

■焦点距離18mm 絞りF5.6 1/180秒 ISO 400

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.