新型ボクサーエンジンを積んだBMWクルーザーのコンセプトモデル

BMWはEICMA 2019(ミラノショー)で「F900XR」「F900R」などのニューモデル以外にも、コンセプトモデルとして、パフォーマンスクルーザー「Concept R18/2(アール ・18・スラッシュツー)」を発表しました。

画像: BMW Concept R 18 /2

BMW Concept R 18 /2

BMWのボクサーツインエンジンとしては歴代最大排気量となる1800cc「ビッグボクサー」エンジンをリジッド風フレームに搭載。

小ぶりなビキニカウルとバータイプハンドル、アルミキャストホイール、ショートメガフォンマフラーなどが見て取れます。

BMW「Concept R 18 /2」のプロモーションムービー(1:09)

画像: Concept R 18 /2 paves the way! www.youtube.com

Concept R 18 /2 paves the way!

www.youtube.com

ボディカラーはキャンディレッドメタリックでモダンなデザインとし、全体的に丸みのあるフェアリング、ティアドロップ型タンクや、太めのファットタイヤ、シングルシートなどでストリートドラッグ風にカスタマイズされています。

画像: モダンなストリートドラッグスタイルで登場した「Concept R18/2」

モダンなストリートドラッグスタイルで登場した「Concept R18/2」

画像: BMW史上最大となる1800ccのボクサーツインエンジンを搭載。シリンダー上面にはOHV方式を思わせるプッシュロッドタワーがあります。

BMW史上最大となる1800ccのボクサーツインエンジンを搭載。シリンダー上面にはOHV方式を思わせるプッシュロッドタワーがあります。

BMW「Concept R18」とは?

今回の「Concept R18/2」の前に発表されている「Concept R18」とは、イタリアのコモ湖畔で毎年5月に開催されているヒストリックカー&モーターサイクルの祭典「ヴィラ・デステ」でコンセプトモデルとして初披露された、ビンテージ風のカスタムクルーザーです。

画像: BMW史上最大の排気量1800ccボクサーエンジンを搭載した「Concept R18」。こちらは2020年に市販化が予定されているようです!

BMW史上最大の排気量1800ccボクサーエンジンを搭載した「Concept R18」。こちらは2020年に市販化が予定されているようです!

画像: クラシカルなボバースタイリングの「コンセプトR18」は、フロント21インチ、リア19インチのスポークホイールを装着するカスタムクルーザー。新設計の巨大なボクサーツインは空冷水平対向2気筒OHVで排気量は1800ccエンジンを搭載!

クラシカルなボバースタイリングの「コンセプトR18」は、フロント21インチ、リア19インチのスポークホイールを装着するカスタムクルーザー。新設計の巨大なボクサーツインは空冷水平対向2気筒OHVで排気量は1800ccエンジンを搭載!

今回、EICMA2019で発表された「Concept R18/2」は、この「Concept R18」のストリートドラッグカスタムと言えます。

カスタム制作現場の写真も公開されています!

画像: カスタム制作現場の写真も公開されています!

BMWのパフォーマンスクルーザー「Concept R18/2」

画像1: BMWのパフォーマンスクルーザー「Concept R18/2」

今回はコンセプトモデルとしての発表でしたが、2020年には量産型クルーザーとして「Concept R18」をリリースすることが予定されているので、こちらの「Concept R18/2」も市販化される可能性は大いにありそうですね!

画像2: BMWのパフォーマンスクルーザー「Concept R18/2」

さらに詳しい情報が入り次第、webオートバイや本誌でご紹介致します!

BMWの「EICMA2019」関連記事はコチラ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.