カラーはシルバーとブラックから選べる!

愛車の保護パーツとして、定番のアイテムとなっている「スライダー」。立派なエンジンガードほどの保護性能はありませんが、エンジンや車体の致命傷を避ける意味では有効なパーツですし、フルカウルのスーパースポーツモデルなどには、多くのユーザーが装着していますよね。装着も比較的容易なものが多いですし、なによりバイクのシルエットを崩さないから、見た目がスマート!

そんな中、現在人気を集めているストライカーの「ガード・スライダー」にホンダCBR650R用が登場しました! 同社のスライダーは「保護のみを目的とはせず、ドレスアップを視野にデザインを考えています」というように、CBR650Rのシルエットにもフィットする仕上がり。

スライダーコーンはブラックのジュラコンで、アルミ削り出しのスライダーベースはシルバー(1万3000円・税別)とブラック(1万5000円・税別)が用意されています。

画像: カラーはシルバーとブラックから選べる!
画像: HONDA:`19 CBR650R ・ ストライカー ガードスライダー 装着車両

HONDA:`19 CBR650R ・ ストライカー ガードスライダー 装着車両

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.