2021年の市販化へ向けて、キムコが動き出した!

11月5日に開幕したイタリアミラノのEICMA2019で、台湾トップブランドのKYMCO(キムコ)がエレクトリックモーターサイクル「RevoNEX」を発表しました。

画像: RevoNEX

RevoNEX

キムコは昨年のEICMAで電動スーパースポーツのコンセプトモデル「SuperNEX」を発表しましたが、今回は近い将来の市販化を視野に入れた機種として登場しました。

画像: SuperNEX

SuperNEX

キムコのアレン・コウ会長は「RevoNEXは2021年の発売を予定しています」と明言。

単に優れた性能の電動ストリートバイクを作るのではなく、高度な電動プラットフォーム上で卓越した性能を発揮する電動ストリートバイクの構築に着手した、ということが今回の発表のキーポイントとなっています。

最高速度は時速205km、その到達時間がすさまじい

画像1: 最高速度は時速205km、その到達時間がすさまじい

RevoNEXは電動バイクながら、6速のトランスミッションを搭載。これによりモーターのパワーバンドをより効率的に活用できると強調しています。

画像2: 最高速度は時速205km、その到達時間がすさまじい

RevoNEXは100km/hまで3.9秒、最高速度205km/hまでわずか11.8秒で到達。

ただ、2速でも最高115km/hまで出せるため、街乗りでは頻繁なシフトチェンジは不要とのこと。スポーツバイク・ルックではありますが、実用性もすでに考慮されています。

画像3: 最高速度は時速205km、その到達時間がすさまじい

さらに走行モード切り替え機能(Poised,Assertive,Bold,Extreme)を搭載。Poised(ポイズド)は住宅地を静かに走りたいときに適した出力設定、そこからもっともハイパワーなExtreme(エクストリーム)まで4段階で刻まれています。

スタイリング面では、SuperNEXはフルカウルのスーパースポーツ然としたものでしたが、今回のRevoNEXは市販化を前提に置き、ビギナーでも扱いやすいネイキッドタイプとなっています。

画像4: 最高速度は時速205km、その到達時間がすさまじい

すでに各部や全方位の写真も公開されました。ディテールは下のアルバムからご覧ください。

まとめ:西野鉄兵

EICMA2019での発表と合わせて公開されたPV(2分9秒)

画像: KYMCO RevoNEX youtu.be

KYMCO RevoNEX

youtu.be

キムコジャパン 公式サイト

250ccにも負けない存在感の原付二種『KYMCO DOWNTOWN125i ABS』

EICMA2019で発表された新型車情報はwebオートバイで! すでに30本以上の記事を掲載中!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.