ハイクオリティなパーツはさすがrizoma

画像1: ハイクオリティなパーツはさすがrizoma

上質な素材と仕上げのアルミ削り出しパーツでおなじみのリゾマ。そのリゾマもEICMAでは、地元と言うこともあって大きなブースを出展、数々のパーツ装着車を展示していたのですが、中でも気になったのが、ブルーに彩られた新型KATANAのデモ車。ということで、各部をあれこれ見てみましょう!

画像2: ハイクオリティなパーツはさすがrizoma

KATANAと言えば、いろいろな意見が出ているパーツのひとつがハンドル。ファーストカタナは1100の、あの低く構えたハンドルがライダーの注目を集めましたが、新型KATANAはストリートファイターらしく、アップライトなバーハンドル。意のままに操るのにはこれが最適、とは分かっていても、低くしてみたら、セパハンにしてみたらどうだろう?と思う人も多いはず。

画像3: ハイクオリティなパーツはさすがrizoma

リゾマはKATANAのデビュー当初からカスタムパーツを積極的にリリースしてきたパーツメーカーのひとつ。この「クリッポオンバー」はすでに5万700円で発売されているアイテムです。ミラーの「TOMOK」は2万700円、グリップは8200円、ブレーキレバーガードは1万4000円(価格はいずれも税抜)です。

画像4: ハイクオリティなパーツはさすがrizoma

スイングアームマウントのナンバーステーが特徴的なKATANAですが、そんなリア周りを一変させるアイテムがこのフェンダーレスキット。リゾマでは「ライセンスプレートサポート」という商品名です。すでに日本でも3万6800円(税抜)で発売中です。

画像5: ハイクオリティなパーツはさすがrizoma
画像6: ハイクオリティなパーツはさすがrizoma

小型のLEDウインカーは「corsa」シリーズ。ケースガードやステップペグなども、ボディカラーに合わせたブルーで統一。KATANAのイメージをまた違ったものにしてくれるアイテムです。リゾマは他にもまだまだKATANA用パーツをリリースしているようなので、気になるKATANAオーナーは公式サイトもチェックしてみてはいかがでしょうか?

EICMA2019の記事はこちら! 11月9日現在30本以上の新型車情報をすでに公開!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.