2019年11月5日、コンパクトSUVのダイハツ ロッキーとトヨタ ライズが同時に発表された。両車の違いは少ないが、ディテールを写真で紹介しよう。

広い室内空間と力強いデザインを実現

ロッキーとライズはダイハツとトヨタの共同開発車だが、主導はダイハツ。ライズはダイハツからトヨタへのOEM供給モデルとなる。とはいえ、エンブレムなどを変えただけの双子車ではなく、フロントまわりのデザインはまったくの別ものだ。全長は4m以下、全幅も1.7m以下の5ナンバーサイズながら、どちらもSUVらしい力強いデザインでまとめられている。

サイズから想像されるより室内は広く、コンパクトSUVクラスではトップレベルの広さを誇る大容量のラゲッジスペースはリアシートバックを倒せばさらに広がり、大きな荷物や長尺物にも対応可能だ。コクピットまわりもドライバーズオリエンテッドな空間となっている。

予防安全機能+運転サポート機能の「次世代スマートアシスト」や「ダイハツコネクト」など、安全機能や先進機能も充実している。パワートレーンは1Lの3気筒ターボとCVTの組み合わせ。駆動方式は2WD(FF)と4WDを設定。ダイハツの新世代クルマづくり「DNGA」による新プラットフォームも採用しており、その走りにも十分期待ができそうだ。

ロッキー G(ライズ Z) 主要諸元

●全長×全幅×全高:3995×1695×1620mm
●ホイールベース:2525mm
●重量:980kg
●エンジン種類:直3 DOHC+ターボ
●排気量:996cc
●最高出力:72kW<98ps>/6000rpm
●最大トルク:140Nm<14.3kgm>/2400-4000rpm
●トランスミッション:CVT
●WLTCモード燃費:18.6km/L
●タイヤサイズ:195/60R17
●10%税込み価格:200万2000円(200万6000円)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.