ライカカメラ社はフルサイズミラーレスカメラ、ライカSLシリーズの2世代目となるライカSL2を発売すると発表した。価格は81万円(税別)。発売日は2019年11月末予定。

ライカSL2はライカLマウントのフルサイズミラーレスカメラ、ライカSLの後継モデル。外装はアルミ削り出しのトップカバーにマグネシウムのボディを採用したフルメタル製。撮像素子はフルサイズCMOSセンサーで、有効画素数はSLの2400万画素から4700万画素と大幅に高画素化された。さらにボディ内5軸手ブレ補正機構も搭載され、補正効果は約5.5段分。
定評のあったファインダーもより高精細の576万ドットのEyeRes電子ビューファインダーを搭載している。液晶モニターもタッチパネル式3.2型の210万ドット(SLは2.95型/104万ドット)と高精細となっている。

画像1: 47MPセンサー&576万ドット高精細EVF搭載
フルサイズミラーレス、ライカSL2
画像2: 47MPセンサー&576万ドット高精細EVF搭載
フルサイズミラーレス、ライカSL2
画像3: 47MPセンサー&576万ドット高精細EVF搭載
フルサイズミラーレス、ライカSL2

画像処理エンジンは新たにLEICA MAESTRO IIIを採用。処理速度が大幅に向上し、AFや連写機能も高速化されている。AFには新たにAFsとAFcを切り換える「インテリジェントAF機能」を搭載。連写速度も、メカシャッター使用時は10コマ/秒、電子シャッター使用時は20コマ/秒の高速連写が可能。記録メディはUHS-II対応のSDメモリーカードのダブルスロット。さらにモバイル用アプリのLeica FOTOSを使うことによりWi-Fi接続(スマホの仕様によってはBluetooth接続も可能)によってライカ SL2と直接ペアリングすることができ、スマホから絞り値、ISO感度、シャッタースピード、露出補正などを設定することやレリーズも可能。

画像6: 47MPセンサー&576万ドット高精細EVF搭載
フルサイズミラーレス、ライカSL2

ライカSL2

●レンズマウント:ライカLマウント
●撮像素子:CMOSセンサー
●センサーサイズ:35mmフルサイズ
●有効画素数:4730万画素
●連続撮影速度:約10コマ/秒(電子シャッター時:約20コマ/秒)
●記録媒体:SD(SDHC/SDXC)メモリーカード ダブルスロット
●ISO感度:ISO100~50000
●ファインダー:EyeRes電子ビューファインダー(576万ドット)
●液晶モニター:3.2型(210万)タッチパネル式
●大きさ:146×107×42mm
●重さ:835g(ボディのみ)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.