いまも熱狂的な支持を得ている80スープラベースのコンプリートモデル「TRD 3000GT」。この伝説の名車にインスパイアされたコンセプトカー「GRスープラ3000GT」が、米ラスベガスで開催中の2019 SEMAショー(〜11/8まで開催)にて、その全貌を現した。
画像: オリジナルのTRD 3000GTのイメージをGRスープラで再現。現代的解釈によるワイドボディ&エアロキットは、コンセプトカーながらすでに往年の3000GTを超える完成度だ。

オリジナルのTRD 3000GTのイメージをGRスープラで再現。現代的解釈によるワイドボディ&エアロキットは、コンセプトカーながらすでに往年の3000GTを超える完成度だ。

世界屈指のカスタマイズカー・ショーとして知られるSEMAショー。米ラスベガスで近年はアフターパーツメーカーやチューナーだけでなく、自動車メーカー各社も積極的な展示を行っている。

現在開催中の2019 SEMAショーでひときわ大き注目を浴びているのが、トヨタブースに展示されている「GRスープラ3000GTコンセプト」だ。その名前のとおり、1994年に登場した80スープラベースの「TRD 3000GT」を現代的解釈で本家TRDが再び手がけたコンセプトモデルである。

ワイドボディキット、巨大な専用リアウイング…そしてTRD 3000GTのアイコン的エアダクトを継承したエアロボンネットフードなど、往年のファンには感涙もののエアロキットが装着されている。ちなみに独特なボディカラーは、ブラシをかけたようなマット加工が施されたシルバー系をベースにゴールドのアクセントストライプでデコレーションされている。

画像: 往年のTRD3000GTのイメージを再現した巨大なリアスポイラーに加え、レーシーなリアディフューザーも追加されている。

往年のTRD3000GTのイメージを再現した巨大なリアスポイラーに加え、レーシーなリアディフューザーも追加されている。

ほかにも、レーシーなリアディフューザーやHKS製カスタムエキゾーストシステム、テイン製のサスペンションキット、ブレンボ製6ピストンブレーキキット、TWS製19インチ鍛造アルミホイール、そしてインテリアにはブリッドのフルバケットシートやパイオニア製サウンドシステム等など、エンジン本体には手が入っていないものの、TRDがセレクトしたパートナーのパーツで固められている。

本稿執筆時点(2019年11月6日)では、これ以上のディテールは不明ながら、その完成度から判断すると近い将来に市販に向けて何らかの動きはありそう。続報に期待したい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.