三代目となる「BOBBER TFC」がEICMA2019で世界初公開

11月5日に開幕したEICMA2019(ミラノショー)で、さまざまな新型機種を発表したトライアンフ。そのなかで、早々に日本での発売時期と価格まで決定したモデルがこちらです!

トライアンフ新型「BOBBER TFC」

TFCはトライアンフ・ファクトリー・カスタムの略で、ボンネビルボバーをベースにカスタムが施されたプレミアムな一台。

この新型は、Bobber TFCの三代目。一目見ただけでも高級感あふれる配色や質感。燃料タンクサイドのユニオンジャックが強いアクセントとなっています。

画像1: トライアンフ新型「BOBBER TFC」

世界限定わずか750台の生産で、一台一台にシリアルナンバー入り。日本では、2020年3月の発売を予定。メーカー希望小売価格は税込238万9,000円と発表されました。

画像2: トライアンフ新型「BOBBER TFC」

エンジンは、標準のボンネビル ボバーやボバーブラックよりも10PSの最高出力向上を実現。最大トルクも4N・m高いものとなっています。

画像3: トライアンフ新型「BOBBER TFC」

さらに、排気システムも特別仕様で、アロー製チタンサイレンサーとカーボンファイバーエンドキャップを採用。

画像4: トライアンフ新型「BOBBER TFC」

サスペンションは、オーリンズのアジャスタブル倒立フロントフォーク、アジャスタブルリアサスペンションユニットを装備。ブレーキはブレンボ製の4ピストンM50ラジアルモノブロックキャリパーと、ツインフローティングBrembo製フロントディスクを採用するなど、各部最高峰のパーツで構成されています。

画像5: トライアンフ新型「BOBBER TFC」
画像6: トライアンフ新型「BOBBER TFC」
画像7: トライアンフ新型「BOBBER TFC」

際立つ外観の美しさもこだわりのたまもの。

軽量カーボンファイバーによるボディワーク、プレミアムブラックアルマイト加工マルチスポークホイール、ビレット加工されたアルミニウムオイルフィラーキャップなど、大きなところはもちろん細かいところまで、トライアンフの持てる技術と美学を感じられます。

画像8: トライアンフ新型「BOBBER TFC」
画像9: トライアンフ新型「BOBBER TFC」
画像10: トライアンフ新型「BOBBER TFC」
画像11: トライアンフ新型「BOBBER TFC」

11月5日に発表された「BOBBER TFC」の主なスペック

エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒270度クランク
総排気量:1200cc
ボア×ストローク:97.6×80mm
圧縮比:11
最高出力:87PS)/6,250rpm
最大トルク:110N・m/4,500rpm
変速機形式:6速リターン
タイヤサイズ(前・後):100/90 R19・150/80 R16
ブレーキ形式(前・後):ダブルディスク・シングルディスク

トライアンフ 公式サイト

トライアンフは同時にボンネビルT120・T100の限定車も発表!

EICMA2019 の情報はこちらから!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.