インパクト十分のフェイスリフト。900もこうなる?

画像1: インパクト十分のフェイスリフト。900もこうなる?

イタリア・ミラノでいよいよ開幕を迎えるEICMA 2019ですが、その開幕より一足先に、ヤマハが続々とニューモデルを発表しています! まず最初にご紹介するのはトレーサー700。言わずと知れた、MT-07の兄弟モデルで、日本での発売が期待されているモデルです。

画像2: インパクト十分のフェイスリフト。900もこうなる?

2020年モデルは従来型をブラッシュアップした正常進化版。なのですが、さすがはデザインのヤマハ、インパクトあるフロントマスクを採用して、イメージを大幅に変えてきました!

画像3: インパクト十分のフェイスリフト。900もこうなる?

まるでR1のようなLEDヘッドライトを採用。ウインカーも細身のLEDとして、新しさと精悍さを高めています。このマスク、今後、兄貴分の900にもひょっとしたら採用されるかもしれませんね!

画像4: インパクト十分のフェイスリフト。900もこうなる?

メーターは大型カラーTFTに一新。必要な情報が一見してわかる優れたレイアウトです。ギアポジションインジケーターも備えるなど、機能面も充実しています。

画像5: インパクト十分のフェイスリフト。900もこうなる?

シートは肉厚でロングツーリングも快適そうなダブルシート。さりげなく入ったダブルステッチが高級感を高め、他のミドルツアラーとは一線を画しています。

エンジンと足回りも進化。日本でも発売して欲しい!

画像1: エンジンと足回りも進化。日本でも発売して欲しい!

MT-07譲りのパラレルツイン、おなじみのCP2エンジンは踏襲しますが、今回は吸排気系やトランスミッションなどの熟成が図られており、従来型よりもレスポンスが向上しているそうです。

画像2: エンジンと足回りも進化。日本でも発売して欲しい!

前後の足回りもセッティングが見直されているようで、クラスをリードする軽さと相まって、そのパフォーマンスには大いに期待が持てそう。ぜひ日本でも発売して欲しい1台です。

これから開幕するEICMAですが、現場からどんどんニューモデル情報を更新していきますのでお楽しみに! そしてさらなる深掘り情報は月刊オートバイ1月号でもお届けしますので、そちらもお楽しみに!

新型トレーサー700の動画もご覧ください!

画像: 2020 Yamaha Tracer 700. It’s your Turn. www.youtube.com

2020 Yamaha Tracer 700. It’s your Turn.

www.youtube.com

2020 TRACER 700主要諸元
全長x全幅x全高  2140x840x1290mm
ホイールベース  1460mm
最低地上高    140mm
シート高     835mm
車重       196kg
タンク容量    17L
エンジン形式   水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量     689cc
ボアxストローク 80x68.6mm
圧縮比      11.5:1
最高出力     73.4PS/8750rpm
最大トルク    6.83kg-m/6500rpm
ブレーキ前・後  φ282mmダブルディスク・φ245mmディスク
タイヤサイズ前・後 120/70R17・180/55R17

PHOTO:YAMAHA MOTOR EUROPE

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.