ポイントリーダー高橋巧の接触→オーバーラン→再スタート→スリップダウン→追い上げ→16位フィニッシュ、という誰も考えていなかったような展開で迎えたレース2、つまり今年の最終レース。
「僕にはもう、やることはひとつだけ」という高橋がスタートから飛ばしに飛ばして、ホールショットから逃げまくります。もう1周目から3秒もつけるような独走劇が始まりました。

画像: 1周目から飛ばしに飛ばした高橋。レース1もこの展開に持ち込みたかった…

1周目から飛ばしに飛ばした高橋。レース1もこの展開に持ち込みたかった…

スタートで2番手につけたのは水野。しかしオープニングラップのうちに秋吉耕佑(auテルルMotoUP)が2番手に浮上。3番手にこの時点のポイントリーダー中須賀克行、4番手以下に水野、野左根、渡辺一樹(ヨシムラスズキMOTUL)が続きます。
3周目には、高橋と2番手秋吉との差は6秒。5周目あたりには、秋吉の背後に中須賀&野左根デュオがつけ、秋吉の後退とともに後方から追い上げてきた渡辺が2番手争いに加わります。この高橋独走と野左根vs渡辺vs中須賀の2番手争いという時間帯がかなり長かったように思います。
高橋は後続を20秒ほども引き離し、3人の2番手争いも、一時は順位を2番手まで上げた渡辺のオーバーランで終了することになります。

画像: 序盤の2番手争いはこう。「後ろから見ていて、秋吉さん無理してるな。って思いました」(中須賀)

序盤の2番手争いはこう。「後ろから見ていて、秋吉さん無理してるな。って思いました」(中須賀)

画像: 秋吉の後退→転倒と同時に2番手争いに加わってきた渡辺一樹。最終レースで意地みせた

秋吉の後退→転倒と同時に2番手争いに加わってきた渡辺一樹。最終レースで意地みせた

画像: 「チャンピオンがかかって攻めに来ていない中須賀さんには勝っておかないといけなかった」(野左根)

「チャンピオンがかかって攻めに来ていない中須賀さんには勝っておかないといけなかった」(野左根)

結局、高橋が2番手以下を15秒引き離す圧勝で2019年シーズンは終了。2位中須賀、3位野佐根という結果となり、ポイントランキングでは、高橋が優勝で28ポイント加算して258P、中須賀が2位で25ポイントを加算して264ポイント。高橋、わずか6ポイント及ばず2年ぶり2回目のタイトル獲得ならず、中須賀が2年連続9回目のチャンピオンを獲得しました。
「レース1で転んで、もう終わったなぁ、と。最初は何を勘違いしたか、中須賀さんに30ポイントとか離されて終了したんだ、と思いましたけど、よく計算したらまだ9ポイント差だ、と思い直してレース2は頑張りました。レース2では勝ちましたが、気持ちを言葉にできないというか、素直に喜べないというか。レース2、僕がやるべきことは強さを見せて勝つことだけでした。チャンピオンを狙える位置で最終戦を迎えるという、めったにないチャンスではありましたが、それを取り逃がして本当に悔しいです。レース1の転倒が余計でしたね……とにかく僕の実力不足です」(高橋)

「レース1がああいうことになって、ランキングを逆転して、かえってプレッシャーがかかったレース2でした。鈴鹿はとにかく(高橋)巧くんが速いのはわかっていたし、なんとか一矢報いたいと。春の2&4で巧くんに速さを見せられて、それを追いかけて転んでしまうという失敗をやって、それをチーム一丸となって挽回できたのが本当にうれしい。レース2は、巧くんが逃げて、チャンピオンがかかっていないシーズン序盤とかだったら追っかけて行ったと思いますが、レース2はもう、チャンピオンがかかっていたし、チャンピオンを獲るっていうのはそれほど重いこと」(中須賀)

画像: ウィニングラン最後には歓喜のバーンナウト。岡山で野左根にやられましたから、そのお返しね

ウィニングラン最後には歓喜のバーンナウト。岡山で野左根にやられましたから、そのお返しね

順当にいけばとか、なにごともなければ、11ポイントリードで最終戦を迎えた高橋のチャンピオン獲得の可能性が高い、とだれもが考えていたであろうレースでした。けれど、勝負の女神は時々いたずらをします。あの時、つまりレース1でもう少しだけ高橋がスタートで前に出られたら、レース2のように高橋の逃げ切りでレースが終わっていたかもしれません。あの時、1コーナーで3台が重なったとき、もう少しだけ高橋が引いていたら、3番手で2コーナーをクリアして、じっくり勝負すれば高橋の優勝だったかもしれません。それほど高橋は速かった!

画像: 中須賀のJSBチャンピオンは2008~09年、12年から5連覇、18年から19年の2連覇と、計9回目! 「来年も全日本を引っ張っていくように頑張ります!」(中須賀) 目指せV10!

中須賀のJSBチャンピオンは2008~09年、12年から5連覇、18年から19年の2連覇と、計9回目!
「来年も全日本を引っ張っていくように頑張ります!」(中須賀) 目指せV10!

それでも、11ポイントビハインドで迎えた中須賀のあきらめない心が、大逆転を呼び込んだ。
「諦めたら負けだもん。いいレースをして勝つつもりだったし、それでチャンピンを取り逃がしたら、その時はその時だって思ってた。本当に、最後の最後まで諦めんかったけんね」(中須賀)

中須賀、2年連続9回目のチャンピオンおめでとう! 高橋、2年ぶり2度目のチャンピオン取れずに残念! いい勝負でした、いいシーズンでした! 

写真・文責/中村浩史

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.