「カメラマン2020カレンダー」の受注受付が開始となりました。風景はもちろん、花、動物、水中、飛行機、鉄道、ポートレート、昆虫、鳥、自転車、アートなどなど各ジャンルのエキスパート写真家41名(一部複数写真家によるユニット含む)よる傑作選です。サイズは3タイプ(壁掛けヨコ・タテの2タイプ=411x300mm、卓上=180x140mm)を用意しております。お買い求めはお早めに! ここでチラッとご紹介を。

水中伸浩さん「#ゴイサギはいいぞ2020」

今回のセレクトについて水中さんは「落ち着いた和を思わせる美しい羽色、ペンギンを思わせる愛嬌のある体型、そして気が弱くて鈍臭い仕草が愛らしい、水辺のアイドル的存在。そんなゴイサギの多彩な魅力を感じていただけたらという思いで14枚を選びました」と。

画像1: mm-style.jp
mm-style.jp
画像2: mm-style.jp
mm-style.jp

カレンダーの詳細については以下をクリックしてください。同じ画面でご注文も承ります。

虫上 智さん「COLORS」

今回のカレンダーについて虫上さんは「私達が暮らしている地球には様々な色があります。朝目が覚めると窓の外にはいつもと変わらない光景が広がりますが、見方を変えると様々な色が見え隠れしているのがわかります。そんな私達地球の色をカレンダーで表現してみました」。

画像3: mm-style.jp
mm-style.jp
画像4: mm-style.jp
mm-style.jp

カレンダーの詳細については以下をクリックしてください。同じ画面でご注文も承ります。

村尾昌美さん「Healing Journey」

村尾さんは今回のセレクトについて「地球規模の異変がある今日、地球の素晴らしさと母なる地球の大切さを伝えられたらとの想いで、世界のパワースポットを巡り撮影した写真をコラージュして作品を制作しました」と。

画像5: mm-style.jp
mm-style.jp
画像6: mm-style.jp
mm-style.jp

カレンダーの詳細については以下をクリックしてください。同じ画面でご注文も承ります。

山口晴久さん「- Conceptual -」

山口さんは今回のセレクトについて「昨年までの『四季』、『砂丘』の風景とは異なり、全く別のテーマであるコンセプチュアル作品をセレクトしており、今回はモノクローム作品のみで構成させていただきました」とのこと。

画像7: mm-style.jp
mm-style.jp
画像8: mm-style.jp
mm-style.jp

カレンダーの詳細については以下をクリックしてください。同じ画面でご注文も承ります。

ご注文受付中のすべての写真家のカレンダーをご覧になりたい方はこちら!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.