2019年11月1日ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、新型のランドローバー ディフェンダーを発表。その先行予約モデルとなる特別仕様車(Land Rover Defender Launch Edition)」を150台の台数限定で発売した。車両価格は489万円〜767万5000円。

ショート/ロングボディ合計150台を限定発売

1948年に発表された「ランドローバー シリーズ I」を祖にもつディフェンダーが、2019年9月に欧州でフルモデルチェンジを発表されたことは記憶に新しい。メルセデス・ベンツ Gクラスやジープ ラングラーなど、ライバルとなる本格オフローダーブランドがキープコンセプトのデザインでモデルチェンジする中、このイギリスブランドが大幅なイメージチェンジを図ってたことで大きな注目を集めていた。

革新的デザインであるが、ルーフ後方のアルパインライトウィンドウや横開きのテールゲート、外付けスペアタイヤなど、歴代モデルの特徴を取り入れたものとなっている。また目に見えない部分であるが、従来のラダーフレーム構造から、「D7x」アーキテクチャーを採用したモノコック構造へと改められた。極限環境向けに開発されたボディ構造は、史上最も頑丈なものに仕上がっているという。

従来モデルと同様3ドアのショートボディ「ディフェンダー90」と、5ドアのロングボディ「ディフェンダー110」をラインアップし、ガソリンとディーゼルあわせて3種類(スペック違いを含めて4種類)のエンジンを用意することも公表されている。さらに、2020年にはプラグインハイブリッド(PHEV)の投入も予定しているという。

と、ここまでは欧州での発表内容。日本では2019年11月1日、先行予約モデル「ディフェンダー ローンチエディション」が発表され、ディフェンダー90(489万円〜)が15台とディフェンダー110(596万7000円〜)が135台の合計150台が発売された。デリバリーは2020年夏からはじまる予定だという。

画像: ローンチエディションの左がショートボディ「ディフェンダー90」、右がロングボディ「ディフェンダー110」。

ローンチエディションの左がショートボディ「ディフェンダー90」、右がロングボディ「ディフェンダー110」。

この限定車は300ps/400Nmを発生する2L 直4ガソリンターボエンジンを搭載し、「90」はコイルサスペンション、「110」はエアサスペンション仕様となっている。シートはファブリックとグレインレザーから選択でき、「110」のレザーシート仕様は3列7人乗りとなる。

このほかにも、インフォテインメントシステム「Pivi Pro」の採用や、エマージェンシーブレーキ/レーンキープアシストなどの運転支援システムも装備するなど、先進機能も組み込まれる。ちなみに成約者には、「レゴテクニック ランドローバー ディフェンダー(LEGO Technic Land Rover Defender)」が用意されるという。2573ピースものブロックで構成されるミニチュアモデルだけに、納車までの時間を楽しむこともできそうだ。

画像: 成約特典の「レゴテクニック ランドローバー ディフェンダー」

成約特典の「レゴテクニック ランドローバー ディフェンダー」

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.