インディアンモーターサイクル「CHALLENGER」誕生!

画像1: Challenger Dark Horse(2020モデル)

Challenger Dark Horse(2020モデル)

インディアン・モーターサイクルの2020年ニューモデルとして、バガースタイルの「CHALLENGER(チャレンジャー)」が発表されました!

画像2: Challenger Dark Horse(2020モデル)

Challenger Dark Horse(2020モデル)

フレームマウントのヘッドライトフェアリングが印象的なモダン・バガースタイルの新型クルーザー「チャレンジャー」には、インディアンモーターサイクルの最新テクノロジーが惜しみなく投入されています。

まずは公開されたばかりのプロモーションムービーをご覧ください!

Indian CHALLENGER プロモーションムービー(1:00)

画像: Challenge Everything. #IndianChallenger www.youtube.com

Challenge Everything. #IndianChallenger

www.youtube.com

特筆すべきは、オーバーヘッド・カムシャフトと4バルブシリンダーの新設計水冷大排気量エンジン「PowerPlus(1768ccVツイン)」が搭載されたことでしょう。

このPowerPlusはクラス最高レベルとなる122hp/トルク178Nmを発揮するパワフルなエンジンで、オーバードライブが装備された6速トランスミッションと、クラッチ操作を軽減するアシストクラッチを組み合わせることで、Vツインエンジンのパフォーマンスとパワーがさらに向上しました。

新設計の水冷大排気量エンジン「PowerPlus」を搭載

画像: チャレンジャーにはインディアン初の新設計水冷大排気量エンジン「PowerPlus」(108キュービックインチ/1768cc、60度Vツイン)を搭載。油圧式バルブ・ラッシュ・アジャスターとカム・シャフト・チェーンテンショナーも装備されています。

チャレンジャーにはインディアン初の新設計水冷大排気量エンジン「PowerPlus」(108キュービックインチ/1768cc、60度Vツイン)を搭載。油圧式バルブ・ラッシュ・アジャスターとカム・シャフト・チェーンテンショナーも装備されています。

画像: 新設計Vツインエンジン「PowerPlus」(108キュービックインチ/1768cc、60度Vツイン)

新設計Vツインエンジン「PowerPlus」(108キュービックインチ/1768cc、60度Vツイン)

画像: 新設計の水冷大排気量エンジン「PowerPlus」を搭載

足周りは、倒立フロントサスペンションに加え、軽量キャストアルミニウムフレームと油圧調整可能なリアショックを装備しています。また、ブレンボ製のラジアルマウントブレーキ、メッツラー製タイヤが装備され、快適なスポーツクルージングが可能です。

画像: インターパネルには、アナログタイプのスピードメーターやタコメーターに加えて、大サイズのタッチスクリーン式インフォテインメントシステム「Indian RideCommand」が搭載されています。主要な車両情報、Bluetooth®およびUSBモバイルペアリング、レスポンスの早いクアッドコアプロセッサを備えています。

インターパネルには、アナログタイプのスピードメーターやタコメーターに加えて、大サイズのタッチスクリーン式インフォテインメントシステム「Indian RideCommand」が搭載されています。主要な車両情報、Bluetooth®およびUSBモバイルペアリング、レスポンスの早いクアッドコアプロセッサを備えています。

他にもロングツーリングを快適なものにしてくれるオートクルーズコントロールや、ABS、キーレス・イグニッションなどの装備も充実。特にトラクションコントロールは独自のスロットルマッピングを変化させることで、Rain、Standard、Sportの3パターンのライドモードを選択することが可能になります。

また、左右で68リットルのラゲッジスペースを備えたサドルバッグや、約3インチ(7.6cm)の高さ調整が可能なウィンドスクリーンも装備しています。

スタンダードに加えて「ダークホース」や「リミテッド」もラインアップ

画像: ■チャレンジャー/チタニウム・メタリック ■チャレンジャー・ダークホース/サンダーブラックスモーク、サンドストーンスモーク、ホワイトスモーク ■チャレンジャー・リミテッド/サンダーブラック・パール、ディープウォーター・メタリック、ルビー・メタリック

■チャレンジャー/チタニウム・メタリック
■チャレンジャー・ダークホース/サンダーブラックスモーク、サンドストーンスモーク、ホワイトスモーク
■チャレンジャー・リミテッド/サンダーブラック・パール、ディープウォーター・メタリック、ルビー・メタリック

画像: Challenger Limited

Challenger Limited

チャレンジャーのグレードアップラインとなる「リミテッド」と「ダークホース」には、ボッシュ製IMUシステム「スマートリーンテクノロジー」が搭載されています。このシステムはドラッグ・トルクコントロールのみならず、ダイナミック・トラクションコントロールとABSを組み合わせることで安定したコーナリングコントロールが可能になります。

今のところ日本販売価格や発売時期未定は未定ですが、FTR1200も世界的に大ヒットしていますから、こちらのチャレンジャーも大人気の予感ですね!

情報提供元:ポラリスジャパン

こちらの記事もオススメ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.