ついにデビューを飾った楠みちはる先生。デビュー作「あこがれの白いスポーツカー」の主人公はケンジと白川由紀子先生。『あいつとララバイ』に繋がるストーリーが、最初の掲載作品にあった。
 
©楠みちはる/講談社 ※全ての写真及び記事の無断転載を硬く禁じます。

第8回「今日からプロの漫画家だ」

「1978年の夏、月刊少年チャンピオンでデビューの話が来ました。ただしページの空き待ち。つまり『本には載せるけど、ちょっと待っててね』ということ。

自分がプロになってわかるんですけど、これは代原(代替原稿)扱いなんです。つまり連載陣の誰かが最近苦しく、原稿をオトしそう、なんですよ。

デビューの話は嬉しかったですね。そういう事情を知っていても嬉しかったと思います」。

78年12月ついに、漫画家・楠みちはる、デビュー。掲載誌は、「月刊少年チャンピオン」。当時、ナンバーワンの部数を誇ったのは「週刊少年チャンピオン」で、そこで連載するのが楠先生の目標であった。

画像: 「あこがれの白いスポーツカー」 Z2に乗る主人公のケンジ。ヒロインはオープンのスポーツカーに乗る白川由紀子先生。青春の淡い恋心が劇画タッチで描かれ、今、読んでも面白い!

「あこがれの白いスポーツカー」
Z2に乗る主人公のケンジ。ヒロインはオープンのスポーツカーに乗る白川由紀子先生。青春の淡い恋心が劇画タッチで描かれ、今、読んでも面白い! 

「『さあ始まる。今日からプロの漫画家だ』と思いました。掲載されてから2カ月に1本原稿を仕上げて送ります。でも、その後、チャンピオンには二度と載りませんでした。

80年3月。荷物をまとめ上京です。手持ちのモノを処分して金を作ります。朝、大阪を出て、昼に東京、その日のうちに部屋が決まらなければ公園で寝るつもりでした」。

Z2もXT500も手放した。上京費用にあてるためだ。特にZ2を売却したときは身を切るような辛さがあった。でも、本当になりたいものになるためには、なにかを手放さなければならない。プロの漫画家になるという大きな夢に近づくには、Z2という代償が必要だった…。

画像: ヤマハ XT500 上京前にオフロードにハマっていたこともある楠先生。四国の河川敷や山々を駆け巡り、本格コースを走る場合は市販モトクロッサーのヤマハMX250で腕を磨いた。 【XT500主要諸元】 ●エンジン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒●総排気量:499cc●最高出力:30PS/5800rpm●最大トルク:3.9kg-m/5400rpm●乾燥重量:139kg●燃料タンク容量:8.8ℓ●タイヤサイズ前・後:3.00-21・4.00-18●発売年月:1976年2月●発売当時の新車価格:37万円

ヤマハ XT500
上京前にオフロードにハマっていたこともある楠先生。四国の河川敷や山々を駆け巡り、本格コースを走る場合は市販モトクロッサーのヤマハMX250で腕を磨いた。
 
【XT500主要諸元】 
●エンジン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒●総排気量:499cc●最高出力:30PS/5800rpm●最大トルク:3.9kg-m/5400rpm●乾燥重量:139kg●燃料タンク容量:8.8ℓ●タイヤサイズ前・後:3.00-21・4.00-18●発売年月:1976年2月●発売当時の新車価格:37万円

東京に出て、四畳半のアパートを借り、楠先生はプロの漫画家への道を一直線に突き進む…、はずであったが、首都高環状線や横羽線をカッ飛ぶ日々が始まったのだった。

(以下、第9回「ヨンフォアとホークⅡ/Ⅲと湾岸ミッドナイト」をお楽しみに!)

過去の回はこちらからご覧いただけます。

「あいつとララバイ ファンブック」(モーターマガジン社)好評発売中

画像: 「あいつとララバイ ファンブック」(モーターマガジン社)好評発売中

「ララバイ」登場バイクを実車で紹介する「カラー図鑑」や楠みちはる先生書き下ろしの「僕のバイク道・漫画道」完全版など盛り沢山の内容です。

■A4変型ワイド版・オールカラー164ページ
■定価:1527円+税

Amazonでもお買い求めいただけます。

あいつとララバイ ファンブック (Motor Magazine Mook)

モーターマガジン社 (2019-10-30)
売り上げランキング: 27
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.